データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

BUFFALO/HD-LB1.0TU3

BUFFALO/HD-LB1.0TU3

ハードディスクが4,980円

no image
メーカー BUFFALO
型番 HD-LB1.0TU3(1.0TB)
他社診断 無し
症状/障害  巡回冗長検査(CRC)エラーと表示されハードディスクが認識しなくなっています。
診断 論理障害
結果 HDDを取り外しドライブ認識を確認。不良セクタの原因によりHDDが正常に起動していないため、イメージ取得作業を行った後、通常解析を行う事で希望データの復旧が可能でした。
復旧容量 720GB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら

復旧担当スタッフからのコメント

エラーメッセージが発生する主な原因は不良セクタや部品破損によるハードディスク(記録媒体)側に問題が多く、データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。とエラーメッセージが発生している多くは不良セクタなどのメディア損傷が比較的多いです。このエラーが表示されてしまった場合は、いかに通電し続けないかで復旧率が大きく異なる場合があります。巡回冗長検査(CRC)エラーはメディアに傷がついていたり、不良セクタが蔓延しハードディスクが読み取れないエラーとなります。傷や不良セクタが原因であるという事は通電し続けるとディスク面をより傷つけ、不良セクタも広がってしまいデータ復旧率が低下、最悪の場合はデータ復旧が不可能となる事もあります。エラーが表示されてた場合は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP