データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

VMFS

VMFS

ハードディスクが4,980円

ファイルシステムコード

VMFS(ブイエムエフエス)とは、VMwareによって開発されたクラスタファイルシステムである。

VMFSは仮想マシンのディスクイメージやスナップショットを格納する為に開発さ、複数のサーバから同じファイルシステムに対して読み書きが可能であるが、仮想マシンファイルに対しては排他的に作動し、VMFSボリュームは複数のディスクボリュームで構成可能であり拡張することもできる。

VMware製品を利用する際に、VMFSは必須ではないく代わりにNFSを利用することも可能である。

VMware ESX Serverや同社の主力製品であるvSphereで利用されており、ESX Serverのリリースに対応して、VMFSは現在4つのバージョンが存在する。

VMFS version 1

ESX Server v1.xで利用されていたが、現在は既に販売終了となっている。クラスタファイルシステムの機能はなく、単体のサーバーでのみ利用可能である。

VMFS version 2

ESX Server v2.xで利用されている。

VMFS2はフラットファイルシステムであり、ディレクトリ構造を持たない。公式には”VMware File System”と呼ばれている。

VMFS version 3

ESX Server v3.xとvSphere(4.x)で利用される。

大きな進歩として、このバージョンから階層ディレクトリ構造が実装された。

そのため、古いバージョンのESX ServerはVMFS version3以前のファイルステムを読み書きすることはできない。

ESX Server 3とVMFS3から仮想マシンの構成ファイルはVMFSパーティション上に保存されるようになった。

VMFS version 5

ESXi Server v5.xとvShpere(5.x)で利用される。

最も大きな進歩として、1MBのブロックサイズをサポートしたことである。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP