データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

RAID0

RAID0

ハードディスクが4,980円

RAID製品

RAID0(レイド0)とはストライピングともいい、書き込みするデータを分割し、複数のハードディスクに同時に書き込むことで、書き込み速度を向上し、読み込みも複数のディスクから、同時に行われるため高速な読み込みがおこなえるRAIDシステム

冗長性がなく耐障害性もないためRAIDには含まれないとされるが、RAID0のハードウェアおよびソフトウェアは、RAIDシステムのそれらを転用できるため、他のRAIDモードとともに実装しているコントローラが多い。

RAID0には最低2台のHDD(ハードディスク)が必要であり、1台のドライブが故障しただけでアレイ内の全データが失われてしまうため、故障率は単体ドライブに比べ2倍となり、ドライブ台数が増えるほど故障率はドライブ数と比例する。

RAID0(レイド0)の長所

ドライブ数が増えれば増えるほどシーケンシャルアクセス、ランダムアクセスともに速度が上がる。

ただしランダムアクセス速度を向上させる為には、ストライプサイズとセクタサイズ、クラスタサイズ、ブロックサイズ、先読み深度などを比較検討し適切な設定を行えるRAIDコントローラが必要となる。

RAID0(レイド0)の短所

冗長性が全くない。

ドライブ数が増えれば増えるほど故障率が比例する。

適切なストライプサイズやコマンドキューの調整が出来ない場合、ランダムアクセス速度はあまり向上しないか、ドライブ数の増加に伴い低下する。

RAID0の容量は、構成ドライブ中の最小容量×ドライブ数であり、異なる容量のドライブを組み合わせた不均等な構成においては容量差分が利用できない。

【データ復旧費用と実績】

安心安全安価データ復旧サービスでは、年間実績500件以上の経験と知識を活かし、他社では真似の出来ない高品質なデータ解析、安価で皆様に安心頂ける復旧費用でRAID0(レイド0)をお受けしております。

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 120,000円 20分~

(※1)上記料金の他に、消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。

【データ復旧実績/成功事例】

過去弊社で対応しデータ復旧が可能であった成功事例実績をご紹介いたします。

メーカー/型番 症状/障害
I-O DATA/HDL-GW500U/RAID0 エラーメッセージが表示され、アクセスできない
BUFFALO/LS-WX4.0TL/R1J/RAID0 ネットワーク上からハードディスクが消えていた
I-O DATA/HDL2-A4.0/RAID0 ネットワークから除外されアクセスできない

※ご紹介しているものは極一部であり、他メーカー、他製品シリーズもお受けし実績がございます。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP