データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

Microsoft Exchange Server

Microsoft Exchange Server

ハードディスクが4,980円

windows-logo

Microsoft Exchange Server (マイクロソフト エクスチェンジ サーバー) とは、Microsoft(マイクロソフト)が発売した、サーバ向けのOSオペレーティングシステム)であり、Microsoft製品を採用している企業で広く使われ、グループウェア / 電子メール製品である。

Exchangeの主な機能は、電子メール / 予定表 / 連絡先などの共有と携帯機器やウェブからの情報アクセスサポート、さらにデータ格納サポートである。

Microsoftが従来のXENIXベースのメッセージングシステムからエクスチェンジサーバーへ移行を開始したのは1993年4月であり、1996年6月にリリースされたExchange Server 4.0が社外に販売されるようになった。

Exchange Server 4.0は販売最初のバージョンでもあり、Microsoft Mail 3.5の後継とされている。

ただし、エクスチェンジサーバーは全く新しいX.400ベースのクライアントサーバ型メールシステムであり、データベースとX.500ディレクトリサービスをサポートしていた。

ディレクトリは後にActive Directoryという、LDAP準拠ディレクトリサーバとなり、Active DirectoryはWindows2000に導入された。

1997年5月23日、バージョン5.0がリリースされ、Exchange Administratorコンソールを新たに導入し、SMTPベースのネットワークとの連携を初めて実現した。

SMTPリレーが別途必要だったマイクロソフトメールとは異なり、エクスチェンジサーバー5.0はInternet Mail Connectorというアドインを使用し、直接SMTPベースのサーバと通信を可能とした。

また、Exchange Web AccessというWebメールインタフェースも新たに導入されたが、後にOutlook Web Accessと改称し、サービスパックに入れられた。

5.0に対応して、その新機能をサポートしたMicrosoft Outlook 8.01、Microsoft Exchange Client 5.0、Microsoft Schedule+ 7.5がリリースされている。

1997年11月、Exchange Server 5.5をリリースし、スタンダード・エディションとエンタープライズ・エディションがある。

これらは、データベースの大きさ、メール転送機能、クラスタリング機能などで差があり、スタンダード・エディションは従来版と同じ16GBというデータベースの制限があるが、エンタープライズ・エディションではこれが8TBに拡張されていた。

2000年11月29日にリリースされた、エクスチェンジサーバー2000では、様々な制限が解除さている。

例えば、データベースのサイズ制限が緩和され、クラスタは2ノードから4ノードに拡張された。

だが、以前はディレクトリサービスを内蔵していたが、エクスチェンジサーバー2000ではActive Directoryなしでは機能しなくなるため、Active Directoryが必須となりアップグレードできない問題が発生した。

問題を解消させるには、5.5の動作するシステムと2000をインストールするサーバを別に用意する必要があり、そうしなければディレクトリの内容を変換することができなかったのである。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP