データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

SCSI

SCSI

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

SCSIとは、アメリカ規格協会(ANSI)によって策定された、コンピュータと周辺機器などを接続するためのインターフェース規格のことである。
SCSIはバス型接続のパラレルインターフェース規格で、周辺機器同士をデイジーチェーン方式で並列接続できるという特徴を持っている。
接続の終端となる部分のコネクタにはターミネータ(終端抵抗器)を設置する必要がある。
SCSIの最初の規格となるSCSI-1は、1986年に「ANSI X3.131-1986」として策定された。
その後、Fast SCSI(SCSI-2)やFast Wide SCSIといった後継規格が登場している。
SCSI-1のデータ転送速度は5MB/sで、Fast SCSIでは10MB/s、Fast Wide SCSIでは20MB/sと高速化している。
Ultra2 Wide SCSIでは80MB/sの速度で転送を行うことが可能となっており、データ幅や最大ケーブル長、コネクタのピン数などが、規格によってそれぞれ異なっている。
SCSIは初期のコンピュータにおいて最も一般的に用いられていたインターフェースであり、AmigaやMacintosh、Sun Microsystemsのワークステーションなどに標準的に装備されていた。
しかし、SCSIは低価格化が困難であったために低価格のパソコンでは採用されにくく、次第にサポートされなくなっていった。
現在一般的なパソコンでは、IDESATAなどが採用されていることが多い。
SCSIは現在、サーバやワークステーションなどのハイエンド機において広く用いられ、特にRAIDの構築においてはSCSIが使用されている。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP