データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

IDE

IDE

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

IDEとは、コンピュータハードディスクを接続するためのインターフェース規格のことである。
いわゆるPC/AT互換機のパソコン(パーソナルコンピュータ)にハードディスクを接続するための方式として1986年にCompaq Computer社などが開発したもので、ドライブ側にコントローラを統合するなどして本体側の構成を従来の方式より簡素化、低コスト化した。
初期の規格では504MBまでのハードディスクを同時に2台まで接続することができる。
ケーブル長は60cmまででハードディスク以外の機器は接続できないため、主に内蔵ハードディスクの接続に用いられた。
容量制限を緩和する拡張仕様にEnhanced IDE(EIDE)がある。
IDEはパソコンのハードディスク接続仕様として広く普及したが、各社が独自に拡張し互換性が損なわれたため、1994年にANSI(米国規格協会)がAT Attachment(ATA)という名称で標準規格を策定した。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP