データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ヘッド

ヘッド

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

ヘッドとは、プラッタ上の磁性体に磁気を与えたり、読み取ったりする部分を呼ぶ。
アクセスアーム、スイングアーム、アクチュエーターとも呼ばれ、読み書きをおこなうさい磁気ヘッドを移動させる部品である。
基本構造は磁性体にコイルを巻いた電磁石で、アクセス領域の微小化に伴いコイルをエッチングによって磁性体の表面に生成した薄膜ヘッドが用いられている。
また、読み取り用には磁気抵抗効果の利用により、高い感度を持つMRヘッドが採用され、記録密度の高密度化を可能にした。
MRヘッドにはさらに高感度な巨大磁気抵抗効果を利用したGMRヘッド(Giant Magneto Resistive head)や、GMRヘッドよりも高感度なトンネル磁気抵抗効果を利用したTMRヘッド(Tunnel Magneto Resistive head)といった物が開発され、TMRヘッドが主流となっている。
一方、書き込み用のヘッドはコイルと磁性体の組み合わせによる原理に変わりがないが、記録する磁気の方向がプラッタ面に平行な水平磁気記録から、プラッタ面に垂直な垂直磁気記録へと移行して記録密度の高密度化を実現している。
磁気ヘッドとプラッタの隙間は、nm(ナノメートル)オーダーとなっているため物理的な衝撃に非常に弱く、取り扱いには細心の注意が必要であり、磁気ヘッドの先が磁気ディスクに触れ傷をつけてしまうとデータエラーを起こし、タイミングが悪ければヘッド損傷による物理障害となってしまう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP