データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

GB

GB

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

GB/ギガバイトとは、情報量の単位の一つで、10億(109)バイトまたは10億7374万1824(230乗)バイト。
通常、SI単位系の接頭辞は1000(10の3乗)倍ごとに規定されるため、ギガは10億(10の9乗)倍を表すが、情報技術の分野では2の倍数や2のべき乗の方が取り扱う上で都合が良いことが多いため、慣用的に1024倍(2の10乗)ごとに接頭辞を切り替えることが多く、その場合は10億7374万1824(2の30乗)倍がギガとなる。
どちらの意味で使うかは文脈によって異なり、一部で混乱も見られるため、IEC(国際電気標準会議)が2の20乗倍に 「giga-binary」を略した「gibi」という接頭辞を用い、「gibibyte(ギビバイト)」という単位(略号は「GiB」)を使うことを提案しているが、一般にはあまり普及していない。
これに対し、ギガバイトの1000倍あるいは1024倍の単位は「TB/terabyte(テラバイト)」、1/1000倍あるいは1/1024倍の単位は「MB/megabyte(メガバイト)」という。
伝送速度の単位で、1秒間に1ギガバイトを送ることのできる速度のことは「ギガバイト毎秒」(GB/s:gigabytes per second)という。
また、1バイトは8ビット(bit)であるため、1ギガバイトは8ギガビット(gigabit)に相当する。
「Gb」とbを小文字にしたものはギガビットを表す略号として用いられることがある。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP