データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

フロッピーディスク

フロッピーディスク

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

フロッピーディスク/FDとは、1970年代に登場した一枚の磁気ディスクをプラスチックジャケットに収められた記憶媒体のことである。
フロッピーディスクは、ディスクドライブ部分からメディアのみ取り外して持ち運ぶことができるリムーバブルメディアである。
ディスクの片面に磁気ヘッドを接触させることでデータの読み書きを行うことができる。
フロッピーディスクが登場した当初は、磁気ディスクの直径が8インチ(200mm)で記録容量は数KB単位であったが、その後改良が進められ5インチフロッピーディスク、3.5インチフロッピーディスクが登場した。
3.5インチフロッピーディスクは1980年代から1990年代にかけて、パソコンやワープロ専用機の標準的における記憶媒体として利用された。
ジャケットはプラスチック製で、データを読み書きするための窓の部分は、保護シャッターで隠される機能を備えており、ライトプロテクトが可能で、記録可能なデータ容量は1.44MB程度であった。
ジャケットにはある程度の強度があるため、扱いやすい点も特徴だった。
1990年代後半になると、CD-Rをはじめとする光ディスクが登場し、マルチメディア化が進んで画像や音声などの大容量コンテンツが記録対象となりはじめたことにより、フロッピーディスクは徐々に他の大容量の記憶媒体に置き換えられていった。
現在の新しいパソコンにフロッピーディスクを読み込むためのドライブ(フロッピーディスクドライブ)は搭載されないことが多いが、オプションとして搭載可能となっている場合もある。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP