データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

FireWire

FireWire

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

FireWire(ファイヤーワイヤー)とは、コンピュータと周辺機器やデジタル家電などをケーブルで接続するための通信規格の一つ。
最大で63台の機器をデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続またはツリー接続することができる。
転送速度は初期の規格では100Mbpsだったが、その後3.2Gbps(3200Mbps)まで高速化されている。
機器を動作中に抜き差しする(ホットプラグという)ことができ、通信ケーブルを介して電流を供給することもできる。コンピュータと周辺機器の間や、テレビやデジタルビデオレコーダー、デジタルビデオカメラなどの間を接続する通信規格として広く普及している。
IEEE 1394=FireWire/i.LINK/DV端子
IEEE 1394とは、パソコンなどのデジタル機器間でデジタルデータの双方向接続を実現するインターフェース規格である。
FireWireはもともとApple社の開発したFireWireという技術を標準化したものであり、規格制定後もFireWireの正式なブランド名称として使われ、ソニーは標準化以前から「i.LINK」という同社独自の呼称を用いており、家電業界などで普及している。
また、日本の家電メーカーなどはデジタルビデオカメラなどのFireWire端子を「DV端子」と呼んでいたが、徐々に「i.LINK」の呼称に置き換わっていった。
DV端子はDV形式の動画データの送受信しかできないため、厳密にはFireWire規格全体に対応しているわけではない。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP