データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ファイルシステム

ファイルシステム

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

ファイルシステムとは、OSが提供するリソース管理機能の一つで、記憶装置に記録されているデータを、よりアプリケーションに近い方式で提供する仕組みのことである。
また、管理を行うソフトウェアや、記憶媒体に設けられた管理領域や管理情報のことを、ファイルシステムと呼ぶことがある。
ファイルシステムはアプリケーションから見て、データをより容易に扱えるようなインターフェースを提供し、ファイルシステムを用いることによって、デバイスレベルでは1と0の並びでしかないデジタルデータの並びを、ファイルディレクトリのような論理的な構造としてアプリケーション側に見せることができる。
記憶装置はそれぞれ固有の仕組みを持ち、デバイスドライバのレベルでは、個々の装置固有の制御をしなければならない。
一方、アプリケーションから見ると、それぞれの記憶装置がどんなものであるかを気にせずに、単に論理的なデータを透過的に保存したり、読み込みができるため、ファイルシステムを用いれば、どのような記憶装置に対しても、全く同じ作法でやり取りすることができるようになる。
こういう意味ではファイルシステムは、データの入出力手段を抽象化しているといえる。
ファイルシステムが存在することでアプリケーションの側は、個々の装置の物理的な特性を気にせずにより汎用的な構造で、仕組みを実現することができるようになる。
ファイルシステムは各OSごとに異なるファイルシステムを用いており、Windows系OSではFAT16FAT32NTFSなどが、Macintosh系OSでは、HFSHFS+Linux系OSでは、Ext2Ext3Ext4XFSなどが用いられている。
これらはいずれも記憶装置としては、磁気ディスク装置であるハードディスクを想定しており、セクタとよばれる物理レベルのデータのかたまりを、如何に効率よく且つ使いやすくするかという工夫をしている。
なお、CDDVDなどの光ディスク系のメディアでは、ISO9660などの規格で規定されたCD-ROMファイルシステムが利用されている。
磁気ディスクが書き込みが可能なメディアであるのに対して、光ディスクは書き込みが不能で読み出しのみができるため、ディレクトリ構造の表現は書き換わることが無い前提で、高速に利用できる仕組みになっており、OS内のデータの基本単位をデータベースと考える、データベースファイルシステムやネットワーク上でファイルの共有などができる分散ファイルシステムなどもある。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP