データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ファイル

ファイル

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

ファイルとは、情報システムにおいて外部記憶装置を使用し、情報をひとつのまとまりとして扱うための単位のことである。
利用者がコンピュータを用いて記憶媒体にデータを保存、読み込み、移動、削除などする際に一つのまとまりとして取り扱うデータの集合を表し、OSの一部であるファイルシステムによって管理し、ハードディスクSSDUSBメモリ光ディスクである、CDDVDBlu-ray Discなどの記憶装置を利用する際に用いられるほか、コンピュータと周辺機器の間や、コンピュータ間の通信においてもデータの送受信単位として利用されることが多い。
情報システムにおいて情報はビットの集まりであり、素材のまま扱うと保存する装置の特性に大きく依存してしまことになる。
例えば、磁気テープの上に記憶するデータは、テープの先頭から順に並ぶストリームとなるが、ディスク型の記憶装置ではシリンダセクタという単位でビットが整列している。
また、半導体メモリでは0番地から始まる番地で指定される場所にビットが格納される。
ファイルは、このような状態のデータをアプリケーションから見てより統一的に扱いやすくするために、さながら書類を束ねる事務用ファイルのように一定の形式をもつ入れ物として機能している。
ファイルシステムは記憶媒体内でファイルの作成や削除、上書き、移動、複製などを管理する仕組みで、複数のファイルをまとめて一つの集まりとして扱う、フォルダディレクトリなどの入れ物を作成することができ、フォルダやディレクトリを別のフォルダやディレクトリに作成し入れ子状にすることで、記憶媒体全体を階層構造に分割して管理する。
また、ファイルはOSのファイルシステムの上で扱われ、ファイルシステムの特性により、ファイルの扱い方は異なる。
Windows系OSやUnix系OSでは、拡張子を用いてファイルの種類を示すことができる。
Macintoshでは、以前は拡張子の概念はなかったが、MacOS X以降は拡張子も使えるようになっている。
Windowsにおいては、拡張子の種類を特定のアプリケーションに関連づけることができ、ファイルには読み込み可能、書き込み可能、実行可能などといったファイル属性や付加情報と共に記録され、作成日時や更新日時、作成者、各利用者のアクセス権限などを記録し設定される。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP