データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ATA

ATA

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

ATAとは、コンピュータハードディスクなどを接続するためのインターフェース規格のうち、IDE規格をベースにアメリカ規格協会(ANSI)が標準規格として策定した規格のことである。
1980年代終盤ハードディスクを接続するインターフェースとしては、IDEがすでに事実上の標準となっており、ANSIによって標準規格が定義され、どのHDDメーカーでも仕様に差が生じないようにされた。
ATAは1994年に規格化され、後に登場したEIDE(エンハンストIDE)を規格化したATA-2や、ATA-2の拡張版となるATA-3、HDDだけでなくCD-ROMなどを扱うことが可能となったATAPI(ATA-4)などが標準化されている。
ATA-2やATAPIなどを含む総称としてATAと呼ぶ場合も多く、最初に規格化されたATAは便宜上ATA-1と呼ばれることが多い。
また、従来のATAがパラレル転送方式であったのに対して、シリアル転送方式が採用されたATA規格も登場しており、特にSATA(Serial ATA)と呼ばれている。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP