HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  簡易診断, 簡易診断(usbメモリ) / USBメモリ自己診断結果

USBメモリ自己診断結果


管理者簡易診断
ハードディスクが4,980円
診断結果
障害状況 論理障害

あなたのメディアは論理障害が発生している可能性が非常に高く、以下の原因が考えられます。

技術スタッフからのコメント

ただし、どの程度の論理障害が発生しているのかによりデータの復旧が困難になるケースもあるため、状態悪化を防ぐためにも無理な通電は避けるようにして下さい。
フラッシュメモリは物理的な衝撃には強いですが、システム損傷が広がってしまう事によりデータの救出率が低下してしまいます。
また、チップが割れたり・掛けたりすると復旧自体行えなくなってしまうので、データの救出率を上げるためにも、無理な通電や取り扱いには気を付けるようにして下さい。

弊社では上記症状を論理障害と判断しており、同症状からのデータ救出実績は多数ございますので比較的高い確率でデータの救出が可能です。調査・診断からお見積りまでは全て無料でご対応可能ですので、お電話かメールにてご相談ください。

<<注意事項>>

◆無理な通電は控えてください。
症状の内容によっては無理に接続を行いますと、状態の悪化に繋がりデータの救出が行えなくなる場合がありますので、今後の通電は控えるようにお願いします。
無理に通電を行う事により読み取り部品であるコントローラーチップの不良に繋がり、データ復旧が困難になってしまったり最悪データが取れなくなってしまう可能性があります。

◆製品の解体/開封は行わないでください。
不用意に外付けHDD等の解体/開封を行うと、基盤の損傷や製品部品の損傷に繋がり、とても危険な行為となります。
場合によっては製品の物理的な故障に繋がる事もあり、論理障害レベルで対応が可能だった物が物理障害レベルとなり、データ救出がより困難になる事もありますのでご注意ください。

◆復旧ソフトによるデータ救出作業
市販ソフトやフリーソフトでデータ復旧を行う場合、使用方法を誤るとデータ破損やデータ消失となる可能性があり、このような事態に陥るとデータの救出が不可能になる事があります。
また、ソフトを利用するにあたり必ず通電をしなければならないため、結果的にUSBメモリの状態が悪化してしまう可能性も極めて高くなります。

事例の一部をご紹介

※キャンペーン価格等で復旧費用が変わる場合がございます。

復旧担当スタッフからのコメント

USBメモリだけに限らずUSB接続ハードディスクやSDカード、microSD(マイクロSD)、メモリースティックなど、どのメディアでも起こりうるエラーとなります。フォーマットエラーはシステム障害である傾向があり、基本的には論理障害で対応が可能で、保存データの復元もほぼ元の状態で修復が可能となります。ただし一部例外はあるので、まずは論理障害で対応が可能か判断するためにも、弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら

PAGE TOP