HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  簡易診断, 簡易診断(RAID各種) / RAID各種・JBOD自己診断結果:認識しない

RAID各種・JBOD自己診断結果:認識しない


ohnishi yuichiro簡易診断
ハードディスクが4,980円
診断結果
障害状況 論理障害

あなたのメディアは論理障害が発生している可能性が非常に高く、以下の原因が考えられます。

ファイルシステム損傷ファームウェア損傷不良セクタ基板損傷

メディアが認識されない原因は複数考えられますが、主にハードディスク側の問題である事が多く、弊社にお問い合わせいただく案件も多い障害であり、論理障害レベルで対応が可能な状態でもあります。メディアの使用頻度や経年劣化などでも左右されるため、正しくメディアを扱っていても起こり得る症状であり、ファイルシステム損傷、ファームウェア損傷などであればデータ救出率は9割以上、不良セクタや基板損傷であっても8割以上となっております。

弊社では上記症状を論理障害と判断しており、同症状からのデータ救出実績は多数ございますので比較的高い確率でデータの救出が可能です。調査・診断からお見積りまでは全て無料でご対応可能ですので、お電話かメールにてご相談ください。

<<注意事項>>

◆無理な通電は控えてください。
症状の内容によっては無理に接続を行いますと、状態の悪化に繋がりデータの救出が行えなくなる場合がありますので、今後の通電は控えるようにお願いします。
無理に通電を行う事により読み取り部品である磁気ヘッドや制御基板の不良に繋がり、データ復旧が困難になってしまったり最悪データが取れなくなってしまう可能性があります。
また、通電を控えるもう一つの理由として、リビルド作業による障害の悪化を防ぐためでもあり、RAID構成の製品からデータ救出が必要である場合は、何も作業をしない事を優先に考えて下さい。

◆製品の解体/開封は行わないでください。
不用意に外付けHDD等の解体/開封を行うと、基盤の損傷や製品部品の損傷に繋がり、とても危険な行為となります。
場合によっては製品の物理的な故障に繋がる事もあり、論理障害レベルで対応が可能だった物が物理障害レベルとなり、データ救出がより困難になる事もありますのでご注意ください。
また、HDDを取り出し元に挿し戻した際、リビルドを促すメッセージが表示される場合があります。
この時、絶対にリビルド作業を行ってはならず、リビルド作業を実行してしまった事により、データ消失や状態悪化となりデータ救出が困難となります。

◆復旧ソフトによるデータ救出作業
市販ソフトやフリーソフトでデータ復旧を行う場合、使用方法を誤るとデータ破損やデータ消失となる可能性があり、このような事態に陥るとデータの救出が不可能になる事があります。
特にRAID構成のハードディスクからデータを救出する場合は必ずRAIDの再構築が必要となるため、専門の知識がなければソフトを利用してもデータの救出に至らない事が多いです。
また、ソフトを利用するにあたり必ず通電をしなければならないため、結果的にハードディスクの状態が悪化してしまう可能性も極めて高くなります。

RAID1(ミラーリング)

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し ~44,820円 20分~

RAIDその他(0・5・1+0・0+1・6・JBOD)

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し ~62,820円 20分~

(※1)論理・物理障害でも上記料金でご対応可能です。また、上記料金の他に消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。

事例の一部をご紹介

※キャンペーン価格等で復旧費用が変わる場合がございます。

復旧担当スタッフからのコメント

RAID6の場合2台HDDが壊れても機器として利用できるレイドシステムなのですが、全てがそういうわけではなく今回のようにシステム障害が発生し、RAID崩壊を起こしてしまう障害があります。RAID構成品の復元は個人対応では限界があるため、弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら

PAGE TOP