HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  簡易診断, 簡易診断(RAID各種) / RAID各種・JBOD自己診断結果

RAID各種・JBOD自己診断結果


管理者簡易診断
ハードディスクが4,980円
診断結果
障害状況 論理障害

技術スタッフからのコメント

あなたのメディアはおそらく論理障害が発生しています。
ただし、どの程度の論理障害が発生しているのかによりデータの復旧が困難になるケースもあるため、状態悪化を防ぐためにも通電し続けている場合であれば電源を即座に切っていただき、データの救出率を上げるためにも無理な通電を避けるようにして下さい。
また、RAID構成のシステムが破損してしまう可能性も否定できず、場合によってはデータ消失に繋がる事もありますので、エラー後の取り扱いには注意が必要です。

<<注意事項>>

◆無理な通電は控えてください。
症状の内容によっては無理に接続を行いますと、状態の悪化に繋がりデータの救出が行えなくなる場合がありますので、今後の通電は控えるようにお願いします。
無理に通電を行う事により読み取り部品である磁気ヘッドや制御基板の不良に繋がり、データ復旧が困難になってしまったり最悪データが取れなくなってしまう可能性があります。
また、通電を控えるもう一つの理由として、リビルド作業による障害の悪化を防ぐためでもあり、RAID構成の製品からデータ救出が必要である場合は、何も作業をしない事を優先に考えて下さい。

◆製品の解体/開封及びHDDの取り出しは行わないでください。
不用意に外付けHDD等の解体/開封を行うと、基盤の損傷や製品部品の損傷に繋がり、とても危険な行為となります。
場合によっては製品の物理的な故障に繋がる事もあり、論理障害レベルで対応が可能だった物が物理障害レベルとなり、データ救出がより困難になる事もありますのでご注意ください。
また、HDDを取り出し元に挿し戻した際、リビルドを促すメッセージが表示される場合があります。
この時、絶対にリビルド作業を行ってはならず、リビルド作業を実行してしまった事により、データ消失や状態悪化となりデータ救出が困難となります。

◆復旧ソフトによるデータ救出作業
市販ソフトやフリーソフトでデータ復旧を行う場合、使用方法を誤るとデータ破損やデータ消失となる可能性があり、このような事態に陥るとデータの救出が不可能になる事があります。
特にRAID構成のハードディスクからデータを救出する場合は必ずRAIDの再構築が必要となるため、専門の知識がなければソフトを利用してもデータの救出に至らない事が多いです。
また、ソフトを利用するにあたり必ず通電をしなければならないため、結果的にハードディスクの状態が悪化してしまう可能性も極めて高くなります。

RAID1

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 49,800円 20分~

RAIDその他(0・5・1+0・0+1・6・JBOD)

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 69,800円 20分~

(※1)上記料金の他に、消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。

オプション 費用(※1)
ハードディスク取り外し 無料
納品用HDD500GB 8,000円
納品用HDD1.0TB 10,000円
納品用HDD2.0TB 12,000円
納品用HDD3.0TB 14,000円
納品用HDD4.0TB 16,000円
暗号化解除費用 20,000円~

(※1)上記料金の他に、消費税がかかります。

事例の一部をご紹介

※キャンペーン価格等で復旧費用が変わる場合がございます。

no image
メーカー Panasonic
型番 HC-V360M(16.0GB)
他社診断 無し
症状/障害 データ整理している時に誤って残しておくデータを消してしまった
診断 論理障害(削除復旧)
結果 ビデオカメラの起動及びインターフェース接続の認識を確認。HDD内のコードを調べ希望データを確認後、通常解析を行いデータ復元が可能となりました。
復旧容量 10.4GB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら

復旧担当スタッフからのコメント

データ削除復旧はビデオカメラに限らずどのメディアでも高い割合でデータの検出が行えます。しかし、新しくデータを保存されたりすると削除されたデータ痕跡を上書きし、二度とデータを復元する事が出来なくなってしまうので、削除された場合はそのままの状態を維持されるようにして下さい。また、パソコン本体上のデータを誤って削除しても基本はごみ箱に入るのですが、完全削除やごみ箱を空にするなどした場合、データ復旧作業が必要となるのですがパソコン本体の削除データ復旧は、外部メディアとは異なりデータ復旧率が低下してしまいます。これは消されたパソコンからインターネットで復旧方法など調べたり、自動アップデートなどインターネットに接続していると、知らぬ間にハードディスクにデータを保存してしまうため、データ痕跡が上書きされる可能性が高くなるのです。パソコン本体で削除された場合は電源を落としそれ以上起動させないようにする事で復旧率を高める事ができます。

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら

PAGE TOP