HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合の復旧・復元方法
USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合の復旧・復元方法

USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合の復旧・復元方法


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

フォーマット後のデータ復旧は可能

USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合でもデータの復旧・復元は”可能”です。
クイックフォーマットだったり、内部のデータを削除してしまった場合でも、データが見えない状態になっているだけなので、復旧・復元の可能性はあります。

しかし、フォーマットしてしまった/内部データを削除してしまった。場合からUSBメモリに新しくデータを書き込むとデータは消えてしまいますし、フォーマットや削除をしてしまった場合にデータが破損してしまっている可能性があるので、フォーマットや削除してしまったデータを完全に復旧、復元できるかとなると全てが元通りになるかと言われると難しいことも当然あります。

1.フォーマットまたは削除してしまった時の対処方法

データをより元の状態で復旧・復元したい場合にすることは、USBメモリをそのままにしておくことです。
新たにデータをUSBメモリに書き込むの事は絶対にしないでください。フォーマットしてしまった/内部データを削除してしまった場合はUSBメモリは使用せず、そのままの状態で保管しておきましょう。

1-1.フリーソフトや市販されているデータ復旧ソフトを使用する

フリーソフトや、市販されているソフトはたくさんありますので、それらのデータ復旧ソフトを使用してフォーマットしてしまった/内部データを削除してしまったデータを復旧・復元することも手段の一つです。
無料で使用できるもの、数千円から数万円で購入し、復旧・復元ができる可能性があるので、あまりお金をかけたくないという方はフリーソフト、市販されているソフトを使用してみるのもありです。

メリットといえば、先ほども書きましたが、低コストでデータの復旧・復元が可能ということ。パソコンがあれば手軽に作業ができるということです。

しかし当然にデメリットも存在していて、フリーソフトを使用し、さらに状態が悪化してしまう。市販されているソフトを購入してみたものの、使い方がわからずとりあえず復旧・復元を行い、本来なら復旧・復元できたデータが破損してしまい、復旧・復元ができなくなってしまった。などです。

データ復旧・復元ソフトというのは、壊れているデータをもとに戻すのではなく、記録メディアに残っている情報を取り出すものになりますので、不適切な作業で破損したデータは二度と元に戻すことはできません。
メリット、デメリットを以下にまとめてみました。

1-2.フリーソフト/市販ソフトのメリット・デメリット

メリット
・無料、または数千円~数万円でデータの復旧・復元の可能性
・パソコンを使用するソフトなら、その場で復旧・復元の可能性

デメリット
・状態を悪化させてしまう、データが破損してしまう可能性
・サポートがないものが多い、補償なし
・使用するソフトによって復旧・復元できるデータにバラつきがある

フリーソフト/市販ソフトを使用するにあたり、一番怖いのが・状態を悪化させてしまう、データが破損してしまう可能性です。上記でも書きましたが、データが破損してしまうと二度とデータを開くことや見ることができないので注意が必要です。

2.復旧・復元を専門に行っている業者に依頼する

やはり困ったときは専門の業者に依頼することが確実でしょう。依頼するデータ復旧・復元業者によって違いはありますが、年間を通して数百件、数千件とデータの復旧・復元作業を行っているので無事にデータを復旧・復元する可能性がとても高いです。一つの方法でデータを取り出すことが出来なければ、別のアプローチ方法でデータの復旧・復元を行いますし、記録メディアに対する専門知識も豊富ですので安心して依頼することができるのではないでしょうか。

2-1.データの復旧・復元サービスを行っている業者も二つのパターンが存在

一つ目は、パソコン修理サービスをメインとしている業者です。
パソコン内部の部品の交換や修理、新しいパソコンの販売をメインに、データの復旧・復元で困っているお客様にデータ復旧・復元サービスを提供しているパターンです。
この場合、業者であってもフリーソフトや市販されているソフトを使用しているか、データの復旧・復元を行っている業者に外部委託を行っている場合が非常に多いです。この場合は時間もかかりますし、費用も高騰してしまう可能性が高いです。

二つ目は弊社のように、データ復旧・復元を専門で行っている業者です
データ復旧・復元をメインに展開していますので、フリーソフトや市販されているソフトでは復旧・復元できない状態からでもデータを取り出せることが多く、外部委託も行っていない業者も多いので、スムーズにデータの診断、解析、お渡し、が可能です。

弊社でも多いのが、一つ目のパターンでデータ復旧・復元を行ってみたが、データの検出までには至らなかったと、問い合わせをいただく事が多いです。
弊社の様に、USBメモリですと市販されているソフトを買う値段と同じぐらいの価格で、診断から解析まで行っていますので、ご自身で作業されるより、まずは専門業者に連絡したほうが、より確実にUSBメモリのデータの復旧・復元が行えるかと思います。

弊社では診断は無料で行っておりますので、一度お電話か、メールでお問い合わせいただくことをおすすめ致します。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

データ復旧の事例実績や流れUSBメモリ
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
フォーマットを促す表示が出た場合のデータ復旧方法
フォーマットしますか?とエラー表示された場合の復旧・復元対処方法まとめ
「フォーマットする必要があります」表示からデータ復旧を行う
USBメモリをPCに接続するとフォーマットする必要がありますと表示される場合
USBメモリを接続するとフォーマットする必要がありますと表示される
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】
USBメモリが認識せずエラーメッセージが表示される場合のデータを復旧する方法
USBメモリをPCに接続するとフォーマットする必要がありますと表示される場合
USBメモリで削除してしまった写真を復元する場合に注意すること
USBメモリで削除してしまったExcelファイルを復元する方法と注意事項
USBメモリ内の消去したデータを復旧・復元する方法
USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合
USBメモリを接続するとフォーマットする必要がありますと表示される
データ復旧業者が教えるUSBメモリーを購入する時のポイント
データ復旧業者が教えるUSBメモリーって一体何ができるの?
【復旧】USBメモリを誤ってフォーマットした場合の復元方法【フラッシュメモリー】
【HDD】フォーマットエラーからデータを復元させる方法【USBメモリ】
さっきまで使えてたのに…USBメモリが認識しない データ復元方法
【SDカード】誤って消去・フォーマットしたデータ復旧は可能【USBメモリ】
USBメモリが認識しなくなった場合の簡単に直す方法・対処方法

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP