データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【復旧】USBメモリを誤ってフォーマットした場合の復元方法【フラッシュメモリー】

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

USBメモリ

USBメモリを誤ってフォーマットしてしまったり、一部データを削除してしまっても、データ自体は表面上見えなくなっているだけなので、削除してしまったデータを復元する事は可能です。
間違えてフォーマットしてしまった
ファイル、フォルダを削除してしまった

ただし、論理フォーマットでは無く物理フォーマットや、データ消去をした後USBメモリにデータを書き込むと、データ復旧の可能性が低くなってしまい、場合によってはデータ復旧自体行えなくなってしまいます。

【フォーマットに種類があるの?】

論理フォーマットと物理フォーマットの違いを簡単に説明すると、論理フォーマットはデータそのものを消すのではなく、消えているように見せているだけなので、復旧作業を行えば元に戻すことができます。

物理フォーマットの場合はデータそのものを消すので、データ復旧自体行えないものとなります。

基本的にWindowsパソコンやMacパソコンでフォーマット(初期化)すると、論理フォーマット(クイックフォーマット)で作成されるため、何も設定しなければ物理フォーマットになることはありません。

例外として、外部アプリケーションなどのソフトウェアを利用しフォーマットしてしまった場合は、そのソフトがどの方法でフォーマットを行っているのか調べる必要があります。

【フォーマット、削除後に絶対やってはいけないこと】

物理フォーマットの場合どうすることもできませんが、論理フォーマットや削除されただけならば、パソコンからUSBメモリを取り外して下さい。

取り外す理由としてフォーマット及び削除したUSBメモリーへ新たにデータ保存させないためです。

新たにデータを保存してしまうと保存したデータ容量分を上書きするため、論理フォーマットや削除を行ってから使い続ければデータ復元は不可能となります。

【USBメモリのデータ復元方法】

フォーマット、削除だけであればデータ復旧ソフトを利用する事で、データの復元が可能な場合があります。

データ復旧ソフトには色々と種類がありますが、基本的にUSBメモリーなどの外部メディアは、どのソフトでも対応が可能となります。

データ復旧ソフトに対応しているかどうかは、使用していたファイルシステムを調べてみてください。

USBメモリのファイルシステムは基本的にFAT32またはexFATで使用されていると思います。
※購入後の初期設定でファイルシステムを変更されている場合は除きます。

データを消去して直ぐであれば復旧ソフトを利用するだけで復旧ができるでしょう。

【ソフトを試したがデータ復旧出来ない】

フリーの復旧ソフトや市販の復旧ソフトで修復ができない場合、データをフォーマットや削除するとUSBメモリー内では、もう不要なデータであると認識するため、ディレクトリフォルダ名、ファイル名)も不要と判断し、ディレクトリが破損している可能性があります。

性能の良い復旧ソフトでも限界があるため、ディレクトリが破損していると元の状態へは復旧ができません。

また、ファイルシステム部分の損傷ではなくデバイスコントローラー部分の損傷でデータ復旧が行えていない可能性もあります。

もしソフトで復旧ができない場合は、USBメモリーが破損している可能性も否定できませんので、安心安全安価データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
データ復旧の事例実績や流れUSBメモリー

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP