データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

停電でパソコンが壊れる?起動できなくなったパソコンのデータ復旧方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

停電

パソコンを使用していた最中に停電などが起こった場合、パソコンが起動しなくなる(パソコンが起動できない)ことがあります。
RAID製品でも停電によりRAID崩壊となり、認識しなくなったりする場合がありますので、RAID製品でお困りの場合はこちらのページをご覧ください。
【復旧】RAID製品の熱暴走、落雷などの停電による障害【復元】

【停電による主な障害・故障と停電対策】

突然、電源供給がなくなったことが原因で、OSオペレーティングシステム)データが破損してしまう場合や、HDD自体の故障、マザーボードの故障など、パソコンにとって致命的な故障を引き起こします。

人為的なブレーカー落ちは仕方ありませんが、雷が鳴り出したり雷注意報が出た場合、パソコンの電源を切り収まるまで点けない様にするのが一番の対策となりますが、なかなか難しいと思いますのでデータのバックアップを取りましょう。

また、作業中のデータはこまめに保存を行い、作業中のデータも出来る限りバックアップをおすすめします。

パソコン自体を守る為に周辺機器の電源コードをUPS(無停電電源装置)に繋げることで、自動的にUPSに内蔵されているバッテリーに切り替わり、パソコンの強制シャットダウンを防ぐ事ができます。

UPS(無停電電源装置)

【保存データ確認とデータ復旧方法】

起動しなくなったパソコンに保存していたデータを復旧したい場合、内臓HDDを取り外し別のパソコンに接続してみましょう。

OSデータ破損が原因である場合は、直接接続することでHDDを認識できる可能性がありますので、認識が行えましたら直ぐにバックアップ作業をおこなってください。

また、ドライブ認識しない場合や「フォーマットしますか?」フォーマットエラーが表示される場合、データ復旧が必要ですので速やかにデータ復旧業者へ依頼することをおすすめします。

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

【通電確認後の注意点】

直接接続しても認識しない、電源が入らない、異音がするといった場合、これ以上作業を行うとデータ復旧が出来なくなってしまうこともあります。

直接繋げても反応がない場合は作業を中断し、データ復旧の依頼を検討いただき、間違えてもご自身でハードディスクを分解したりしないでください。

物理的にハードディスクが壊れてしまった場合、クリーンルームでHDDの分解作業を行い、破損した部品を交換するなどの作業が必要となります。

クリーンルーム内で分解を行わなければならない理由として、塵埃が舞っている環境でHDDを開封すると、プラッタにゴミが付着し洗浄作業が必要な上に、傷が付いてしまい復旧が不可能になるリスクが生じます。

分解以外にもご注意いただく点として、無理に繰り返し接続したことで、HDD自体が壊れてしまうことは少なくありませんので、保存データを取り戻したいのであれば、弊社のようなデータ復旧業者へ依頼することをおすすめします。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP