HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 【HDD】フォーマットエラーからデータを復元させる方法【USBメモリ】
パソコン

【HDD】フォーマットエラーからデータを復元させる方法【USBメモリ】


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

HDDやUSBメモリのフォーマットエラーからデータを復元させる方法

パソコン内蔵ハードディスクや外付け接続が可能なUSB接続HDDUSBメモリSDカードなどのフラッシュメモリを使用していると、突然「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と、フォーマットを促すエラーが発生し保存していたデータが見れなくなってしまう障害があります。
フォーマットエラー(Windows)
フォーマットエラーが表示される原因は何なのか、また保存していたデータを復元させる方法をご紹介します。

目次

1-フォーマットエラーの原因
1-1-USBポートの変更
1-2-USBコネクタの掃除
1-3-ケーブルの交換
1-4-ハードディスクの取り外し

2-HDD・USBメモリ データ復元方法
3-復元ソフト使用上の注意
関連の記事・対処法など

フォーマットエラーの原因

フォーマットとはHDDやUSBメモリなどの記録メディアを、パソコンで認識させるために必要な情報を書き込む事で、使用出来るようにする所謂初期化を意味します。

このフォーマットエラーは初期化情報に欠損があったり、記録メディア自体の損傷によりパソコン側が読み取らず、結果エラーとして表示されているケースが多いです。

情報の欠損は接続されているUSBポートやUSBコネクタの異常や、制御基盤、記録ディスク面(記録チップ)の損傷など、原因は複数考えられるので追究は難しいものとなります。

ただし、全ての障害が物理的に壊れてしまっているわけでありませんので、まず原因個所の確認として下記項目を試してみて下さい。

USBポートの変更

接続しているUSBポートを別のポートへ変更するだけでドライブ認識する場合があります。

USBコネクタの掃除

埃や塵などで通電がうまくいかずエラー表示されている場合があります。

ケーブルの交換

ケーブル内部で断線している可能性やコネクタ部分が壊れている可能性があり交換する事で状態が回復する場合があります。

ハードディスクの取り外し

USBメモリやSDカードでは対応できませんが、USB接続HDDなどではケースからハードディスクを取り外し、専用のUSB変換ケーブルやクレードルなどを使用する事で、ドライブ認識する場合があります。

これらを試してみた結果データが読み取れた場合は速やかにバックアップを行ってください。

また、フォーマットエラーが改善されない場合は、データの復元作業が必要となります。

HDD・USBメモリ データ復元方法

USBポートやコネクタ、ケース側の基盤が問題ではなく、メディアそのものが原因である場合は、データ復旧作業が必要となるのですが、フォーマットエラーが発生している原因はシステム異常であることが多く、比較的簡単な方法でデータの復元が可能となります。

個人でデータ修復を行うにあたり必ず必要なものはデータ復旧ソフトです。

データ復旧ソフトはインターネット上に複数存在し安易に見つけることができ、特殊な使い方をしていなければ大抵のソフトで対応が可能でしょう。

復旧ソフトには製品版とフリーのお試し版があるので、まずはデータ復旧が可能かフリー版で試してみましょう。

フリー版でもデータの修復は可能ですが制限が設けてあり、復元するデータ容量制限があるため1ファイルで数ギガ(GB)あるものや、全てのデータを復元させるには製品版を購入しなくてはなりません。

制限もなく完全なフリーソフトも探せばあるかもしれませんが、探してみた範囲ではそういったソフトはありませんでした。

復元ソフト使用上の注意

復元ソフトは当然データ復旧に特化させたツールなので、データの復元が出来ないわけではありません。

ただし、状態を悪化させてしまう危険があるため、データ復元ソフトを使用するにあたり注意が必要となります。

「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示される、フォーマットエラーはシステムエラーの論理的な障害である事が多いのですが、この論理障害物理障害と同様に記録メディアへ大きな負担を与えているので、無理に通電を行うと論理障害が広がりデータ領域を汚染したり、そのまま通電を行っていると最悪の場合メディアが物理的に壊れ、データの復元が全く出来なくなってしまう事も少なくありません。

保存データの重要性が高ければ高い程、個人での作業は行わず弊社復旧サービスをご利用下さい。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
データ復旧の事例実績や流れUSBメモリー

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

「フォーマットする必要があります」表示からデータ復旧を行う
フォーマットを促す表示が出た場合のデータ復旧方法
フォーマットしますか?とエラー表示された場合の復旧・復元対処方法まとめ
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
ハードディスクをフォーマットした場合のデータ復元、データ修復方法
USBメモリをPCに接続するとフォーマットする必要がありますと表示される場合
USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合の復旧・復元方法
USBメモリを接続するとフォーマットする必要がありますと表示される
【復旧】USBメモリを誤ってフォーマットした場合の復元方法【フラッシュメモリー】
フォーマット要求されたSDカードの対処方法とデータ復旧方法
外付けHDDが「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」と表示されアクセスできない
xDカードが壊れた!?フォーマットエラーが表示されたデータ復旧方法
エラー表示され認識しない外付けHDDを認識させデータを復旧させる方法
【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP