データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

パソコンが突然青い画面(ブルースクリーン)になり起動できなくなった場合の対処方法とデータ復旧

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

青い画面(ブルースクリーン、ブルーバック)

WindowsOSをインストールしているパソコンを使用している方が多いと思いますが、問題なくパソコンを起動することができていたのに、起動すると青い画面になり英語の表示が出た後にエラーコードが表示され起動できない場合、ブルースクリーンという故障が起こっている状態であるためOSを起動できません。

青い画面(ブルースクリーン)になってしまった場合、故障の状態としては軽度が多くHDD自体が物理的に完全に壊れてしまっているということは比較的少ない障害となりますが、ブルースクリーンだから論理障害という判断は誤りであり、物理障害である場合もあるので注意が必要です。
ブルースクリーンから進まない

【対処方法】

ブルースクリーンになってしまった場合は、再起動を行いセーフモードで起動可能か確認してみましょう。

ブルースクリーンの多くはOSデータの読み取り不良です。

セーフモードで起動できるレベルである場合、修復が可能ですのですぐ解決します。

セーフモードでも起動できない場合、パソコンからハードディスクを取り外し、別のパソコンに外付けHDDとして接続をし「HDDがドライブ認識するか」「アクセスできるか」を確認しましょう。
メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない

OSデータの破損または読み取り不良が原因であれば別のOSから立ち上げることによって、壊れたデータを読み込んで起動するわけではありませんので認識するはずです。

認識が可能であれば速やかに別のHDDに必要データを取り出しておきましょう。

OSの保存データが破損した状態であれば、HDDにはそれほど問題はありませんが、データを保存している保存領域の破損が原因でデータが読み取れないこともあり、通電しているうちにHDDが壊れてしまうという可能性も否定はできません。

認識・アクセスができる状態であれば、速やかにバックアップを取りましょう。

【データ復旧】

セーフモードで修復不可能な場合や別のパソコンに接続してもエラーが発生したり、「認識しない」「アクセスできない」状態であれば、ハードディスク障害を併発しています。

通電し続けると最悪の場合データを取り出すことができなくなることがあります。

エラーメッセージが表示されたり、HDDが認識しないまたはアクセスできない場合は、データ復旧作業が必要となりますので、専門のデータ復旧会社に依頼する必要があります。

復旧ソフトを使用して復旧できるレベルもありますが通電すれば状態は悪化し、HDDが完全に壊れてしまうということも少なくありません。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
重要なデータを保存されているという方は、データ復旧サービスのご利用をおすすめします。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP