データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

RAIDトラブル発生時の対処方法とデータ復旧方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

bizmac_full_204767622

RAIDトラブル発生時の対処方法とデータ復旧方法
1-概要
2-各RAID構成を知り対策を行う
3-パリティ生成するその他RAID
4-RAIDドライブの障害内容を確認
5-RAIDのリビルド不可や条件を超えたHDD故障の場合

BUFFALOやI-O DATAから市販されているNAS製品で、HDDが4台で構成されているTeraStation(テラステーション)、LANDISK(ランディスク)は、RAID構成が可能な製品であるため、多くの企業や個人でのデータバックアップ、データ容量増築などでRAID5やRAID0で使用されていると思います。

【各RAID構成を知り対策を行う】

RAID5というRAID構成は、4台のHDDを1台のハードディスクとして利用する事が可能で、保存容量の大容量化とデータの読み書きの高速化が可能なRAID構成となっています。
※RAID5は最低3台のHDDから組めるRAIDシステム
RAID0も同様に大容量化とデータの読み書きを高速化できるRAID構成なのですが、RAID5とRAID0には決定的な違いがあり、RAID5の場合は分割保存だけではなく、データを分割した分割情報(パリティ)を作成し、そのパリティを分散保存しているため、仮に4台のHDDのうち、1台のハードディスクが故障し壊れてしまった場合であっても、欠損しているデータを分散パリティによって、再構築ができるという優れたRAID構成です。

RAID5

RAID0の場合、大容量化とデータの読み書き高速化という点はRAID5と同様ですが、データを分割したパリティ情報は生成せず、単に1つのデータをAとBのように2分割し、それぞれ各HDDへ保存をしているだけですので、4台のHDDの内1台でもHDDが故障した場合、AまたはBのデータが欠損してしまえばRAID崩壊状態となり、データが読み込めずTeraStationやLANDISKへアクセスできない、接続できないという状態になってしまいます。

RAID0

RAID5の場合は故障した1台のHDDを新しいハードディスクへ交換し、リビルドを行うことで欠損データを復旧し、ドライブへ接続できるように修復することが可能ですが、RAID0で故障した場合はリビルドに必要なパリティ情報が生成されていないため、残念ながらRAID崩壊を修復する事はできないため、RAID0でHDDの故障が発生した場合、データの救出にはデータ復旧作業が必要となります。

【パリティ生成するその他RAID】

RAID5のようにパリティを生成するRAID構成は他にも、RAID4、RAID6というものがありますが、RAID4の場合生成したパリティを分散して保存するのではなく、一か所に保存するためデータにアクセスする際、1つのHDDに負担が掛かってしまうデメリットがありました。
RAID5のようにデータを分割し保存、且つ生成したパリティも分散保存するという、分散パリティ付きストライピングモードというRAID構成が開発されたのです。
また、RAID6ではパリティを2つ生成するようになっており、RAID5と比べ2台のハードディスクが壊れてもリビルドが可能となっており、耐故障性が向上したRAIDシステムとなっています。
RAID6

【RAIDドライブの障害内容を確認】

ハードディスクが壊れてしまった場合、接続できない状態やアクセスできない状態、エラーランプが点灯するという症状が発生し、BUFFALO製品であればNASナビゲーターを利用し確認すると、RAID崩壊状態であるのかどのHDDが故障しているのか等がわかります。
1台のHDDに異常が発生している場合、故障したHDDを同容量のHDDに交換し、リビルド作業を実行することでTeraStationを元通り使用できるようになり修復が可能です。
RAID5の再構築となりますので、そのまま継続して使用することができるため、RAID5はTeraStationの修理とデータ復旧、この2つの作業が自分でできるRAID構成なのです。

【RAIDのリビルド不可や条件を超えたHDD故障の場合】

RAIDのリビルドができない場合やHDDが複数台故障してしまっている場合、TeraStationのケースエラーが発生してしまっている場合は、メーカーサポートまたは専門のデータ復旧サービスにデータ復旧作業を依頼する必要があります。
各メーカーのサポートサービスは、あくまでTeraStationやLANDISKの機能回復を指す修理であり、保存していたデータを取り出すデータ復旧作業ではないため、復旧したい場合はデータ復旧サービス会社に保存データの取り出しを依頼する必要がありますので、弊社のような専門のデータ復旧会社に問い合わせし、対応可能であるか確認してみましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP