データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID1(ミラーリング)設定の外付けHDDが故障した場合の対処方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

ネットワーク対応HDD

BUFFALO(バッファロー)社のNAS製品といえば、LinkStaion(リンクステーション)やTeraStation(テラステーション)がありますが、2台以上のハードディスクが搭載されている場合はRAID(レイド)構成が可能となっています。

またNAS製品でなくても2台のハードディスクが搭載されたUSB接続の外付けHDDなどの製品もあり、こちらもRAID0(ストライピング)、RAID1(ミラーリング)が使用が可能であり、RAID(レイド)構成によって書き込み速度向上や耐故障性に備えたバックアップが可能な製品もあります。

【RAID1(ミラーリング)故障時の対処方法】

2台のハードディスクが搭載されたUSB接続の外付けHDDをミラーリングで使用すると、1TBのハードディスクが2台搭載されているものであれば、保存できるデータ容量は1TBですが、同時に2台のハードディスクに同じデータを保存するため1台が破損してしまった場合でも、もう1台が正常に動作するためそちらからデータを救出することが可能です。

通常、片方のハードディスクが故障してしまった場合エラーが発生しますが、2台目のハードディスクが正常であればデータの読み書きは可能です。

エラーが発生した際、即座にハードディスクを交換し、RAID1リビルドを行えば、元通りのミラーリングとして使用することが可能ですが、リビルドせずそのまま継続使用していると、2台目のハードディスクも壊れてしまい、データの読み書きができなくなる場合があります。

その場合、保存データを救出するためにはサルベージが必要となります。

LinkStationのRAID1が故障してしまった場合と同様に、RAID構成を組んでいるため、HDDを取り外し直接接続を行っただけでは認識できず、ハードディスクに保存していたデータの救出には、データ復旧作業が必要となります。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)
RAID障害時、注意すべき4つのポイント

RAID0または単体使用時の対処方法】

RAID0(ストライピング)の場合は、2台のHDDにデータを分割して保存しているため、1台が破損してしまえばもう1台が正常であってもデータ復旧はできず、RAID1および単体使用よりもリスクが高くなります。

レイド設定をせず1台ずつ単体で使用している場合は、1台目と2台目がまったく異なるデータであるため、物理的に壊れていなければデータ復旧は可能となります。

【おすすめ保存方法】

ハードディスクが2台搭載されている場合は、単体ずつの使用やRAID0(ストライピング)で使用するのではなく、データ保存容量は少なくなりますが、RAID1(ミラーリング)で使用した方がデータ消失や故障など、万が一の故障に備えるという意味では適していると思いますのでおすすめです。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP