データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID崩壊しアクセス不能なLinkStation、LANDISKのデータ復元方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

nas

今ではRAID製品は当たり前のように販売され価格も安く、LAN接続であるため同ネットワークパソコンからのアクセスはもちろん、無線化する事もでき企業ではもちろん個人でも多くの方が、バックアップやデータ容量の増築に利用されていると思います。

定着し販売をされているBAFFALOのLinkStation(リンクステーション)、TeraStation(テラステーション)やI-O DATAのLANDISK(ランディスク)が有名で、この他にも多数の会社がRAID製品の販売を行っています。

レイドとは複数台のハードディスクを1つのドライブと認識させる技術で、データ保存容量の大量化、読み書きの高速化、耐障害性に優れており、RAIDにはそれぞれレベルが設定され、レベル0=RAID0のストライピング、レベル1=RAID1のミラーリング、レベル5=RAID5パリティ付きストライピング、レベル6=RAID6の2パリティ付きストライピングなどがあり、主にRAID1のミラーリングとRAID5のパリティ付きストライピングが主流で利用されています。

各RAIDレベルには特徴があり、使用方法、運用方法で使い分けする事が可能で、これから導入される方は各レイドの特徴をご確認ください。

【RAID崩壊しアクセスできない、認識しない】

複数台で使用するレイドですから1台でもハードディスクに異常が出てしまった場合、RAID崩壊を起こしデータへアクセスが出来なくなってしまう障害が発生します。

この障害の多くは内蔵されているHDDに問題がある事が多いのですが、中には筐体側の問題である場合もあるので個人での判断は難しく、基本的にはメーカーサポート又はデータ復旧業者へ連絡された方がいいです。

もし個人で調べる場合にはエラーランプの確認や、ハードディスクを取り外し専用ケーブル、簡易ケース、パソコン内蔵接続をし、HDDから異音がしていないか、モーターは回っているかなど調べてみましょう。

この他にもリビルド作業を行う事で製品が元の状態に戻り、保存されていたデータの復元も同時に行うので、これまで通り使用が可能となります。

ただし、この作業にはとてもリスクがありますので、こちらの「RAID障害時、注意すべき4つのポイント」を確認して頂いたり、ご自身でお調べし自己責任で作業を行ってください。

【RAID崩壊データ復旧、復元方法】

市販されている復旧ソフトやフリーソフトなど色々なデータ復旧ソフトが出回っていますが、RAIDを復旧できるソフトとは限られており特殊な部類に入るので、ソフトで試される方は予めRAIDが組めるソフトであるのか確認が必要になります。

RAID製品の復旧はUSB接続製品、パソコン内蔵HDDとは少しだけデータ復旧方法が異なり、複数台のHDDを1台として認識させなければいけませんので、RAID再構築が必要となります。

またある特定の条件を満たせていない場合はレイドの再構築が行えず、論理的な方法では復旧不可能と判断されるものも少なくはありません。

特に故障してから色々と試されている経過の中で、ハードディスクの症状が悪化したり最悪壊れてしまう事もありますので、出来る限り現状を維持したままメーカーサポートや弊社のようなデータ復旧業者へ相談して下さい。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP