データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

LAN接続HDDミラーリング RAID崩壊時の対処と修復

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

raid1

LAN接続で使用可能な2台構成ハードディスクであるNAS製品は、RAID0(ストライピング)、RAID1(ミラーリング)のRAID(レイド)設定が可能であり、使用される環境や用途によって使い分けることができるため、データ増築やバックアップとして利用されていると思います。

RAID(レイド)はデータ容量の大量化、データ読み書きの高速化、耐障害性を特化させた大変便利なシステムですが、内蔵のハードディスクが壊れてしまった事により、RAID崩壊を起こし保存データへはもちろん、製品自体へのアクセスが行えなくなる障害が発生します。

このような場合にどう対処を行えばいいか、修復方法はどのような事があるかをご紹介したいと思います。

【LAN接続HDD RAID崩壊時の対処方法】

RAID1(ミラーリング)の場合

RAID1はその名の通りデータを保存する際に、両HDDにデータをミラー(コピー)するため、片方のハードディスクが壊れてしまっても、もう片方にデータが保存されているため、データ消失を防ぐことが出来き主に耐障害性に優れたレイドシステムです。

その反面、データ容量の大量化、データ読み書きの高速化はありませんが、耐障害性に特化させているRAIDシステムですので、無いにこしたことはありませんが万一故障などが起こった時はその性能を発揮させるでしょう。

片方のハードディスク異常により、RAID崩壊と筐体が認識している場合、まずは障害が発生しているHDDを取り外し、正常なHDD単体で起動させてみましょう。

電源投入時にエラー音が出る場合もあるのですが、数秒で音が無くなり単体で起動出来る場合があります。

単体で起動ができドライブ認識が行えている場合は直ちにバックアップを行い、バックアップが取り終えてから新しいHDDを入れ替え再構築(リビルド)を行いましょう。

再構築(リビルド)が最後まで進み完了すれば、データの復元はもちろんのこと、製品もこれまで通り使用が可能です。

再構築(リビルド)方法はメーカーのホームページ、取扱説明書にも記載されており、推奨されいてる復元方法ではあるのですが、実はリビルド作業は失敗してしまう危険性が非常に高く、当然リビルドが失敗してしまっては現状より悪化させてしまうため、データ復旧が必要である場合保存データの復元は絶望的となってしまいます。

ではなぜ失敗してしまう危険性が高いのかどしてリビルドが失敗してしまうのかRAID障害時、注意すべき4つのポイントで詳しく記載しておりますので、作業をされる前には一度目を通してみて下さい。

RAID0(ストライピング)の場合

RAID0は複数台のHDDを1台のHDDとして仮想に組み、主にデータ容量の大量化、データ読み書きの高速化に特化させたレイドシステムです。

その反面、耐障害性が一切なく、1台でもHDDが壊れてしまうと、自力での復旧は不可能となり、データ復旧会社への依頼が必要となります。

【LAN接続HDD RAID崩壊時のデータ修復方法】

上でも紹介しているように修復方法の一つにRAID再構築(リビルド)がありますが、この他にも保存されているデータの修復方法があります。

その修復方法とはデータ復元ソフトを利用する方法です。

データ復元ソフトは探せばたくさんの種類がインターネット上で検索ができ、また大型家電量販店でもデータ復旧ソフトが売られており、ひと昔に比べて個人でもデータ復旧が安易に出来る時代となりました。

ソフトを利用するにあたり注意すべきポイントは、LAN接続製品が対応であることと、RAID製品が対応していることの2点で、当然この二つが対応していないソフトでは、購入しても全く意味がありませんので、購入される際には十分に注意して下さい。

ソフト利用をお考えの方で「データが消えてしまってもいいから自分で試してみたい」という場合は除きますが、「データが重要で必ずデータを取り戻したい」「業者に出すとコストが掛かるから自分でデータを取り出す」「自分で試して無理なら業者へ依頼する」とお考えの方には、ソフト利用によるデータ復旧はおすすめ致しません。

なぜおすすめ出来ないかといいますと、ソフトを使用することによりHDDのシステム情報、ファームウェア情報の書き換え、ハードディスクの物理損傷など多くのリスクが伴い、こうした場合データ復元が難しくなったり、最悪データの復旧が不可能になる事も少なくはありませんし、逆にコストが高くなってしまう可能性も否定できません。

実際に弊社をご利用頂いたお客様でも、ソフト利用によりサルベージが行えなかった事例はあります。

「出来る」「出来ない」は試してみてからの結果論ではあるのですが、ソフト利用はこういったリスクは必ずついてきますので、重要なデータであればある程、ご自身での作業は一切行わず弊社までお問い合わせ下さい。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP