HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / ランディスクがアクセスできない!?認識しない!?直す方法をご紹介
LANDISK(ランディスク)

ランディスクがアクセスできない!?認識しない!?直す方法をご紹介


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

ランディスクでよく起こる障害

LAN接続ハードディスクであるLANDISK(ランディスク)が、「アクセスできない」「認識しない」(メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない)障害に陥ることがあります。

このような状態になる原因は様々であるため特定することは難しいのですが、基本的には内蔵されているHDDのシステム異常によるシステムエラーや、ハードディスクそのものに損傷が出てしまっていることで、正常に機能せずパソコンでドライブ認識されていないことが多いです。

今回はこのような状態になってしまったランディクを直す方法や対処方法をご紹介します。

個人でランディスクのデータ復旧は可能なのか

電源は入っているのに「アクセスできない」「認識しない」という場合、LANDISKの中のデータを取り出す必要があれば、個人での作業は難しくデータ復旧業者が必要となります。

復旧業者が必要となる理由にランディスクの場合、通常のUSB接続の外付けHDDなどとはシステム構造が異なりますので、ケースから取り外し直接接続してもデータを読み込むことはできません。

これはファイルシステムが違っているためで、LANDISKに記録されているネットワーク接続用のシステムが異なるため、HDDとしてドライブ認識していてもアクセスすることはできないのです。

ネットワーク接続のHDDの場合、通常のパソコンでシステムやソフトウェアの修正はできないため、保存しているデータを取り出したいという場合、速やかにデータ復旧を依頼する事をおすすめします。

ご自身で「何とかしたい、復旧させたい」と、いろいろな作業をしていると、初期化されてしまったり、HDDが壊れてしまったり、障害発生時の状況よりもさらに悪化してしまうリスクが生じます。

ランディスクの保存データは諦めるしかないのか

ランディスクの修理をしたい場合は、製造メーカーであるI-O DATAのサポートで修理してもらいましょう。
HDDの入れ替えやシステム修正など、ランディスクを元通り使用できるように修理してくれます。
しかし、I-O DATAさんのサービスはあくまで製品の修理ですから、残念ながら保存してきたデータは一切保証されません。
保存データを取り出したい、データ復旧したいということであれば、製品修理ではなくメーカーで行うデータ復旧サービスや、データ復旧業者への依頼が必要になります。

障害発生後、ランディスクからデータ復旧依頼する前の注意点

メーカーへ問い合わをおこなうと、「電源を入れなおしてください。」などの指示がありますが、電源を入れ直したことで認識する場合も当然あるのですが、実際には繰り返し電源を入れる事で最終的に中のハードディスクが壊れてしまう危険性があり、あまりお勧めできる作業ではありません。

メーカーでHDDが壊れていると回答された場合

メーカーの返答に「ハードディスクが壊れています」と判断されることも多くありますが、実際にハードディスクが壊れている場合と、システムエラーによってデータが読み込めない場合がありますので、必ずしもメーカーの回答が正しいとは限りません。

そのためデータ復旧に関しては専門のデータ復旧業者へお問い合わせ頂いた方が良いでしょう。

基本的にメーカーの「ハードディスクが壊れている」と回答される場合、これは「製品として成り立っていな=ハードディスク破損」と判断されるため、この回答によりデータの復旧は難しいと思われる方も多いのですが、実際に復旧出来る可能性はゼロではありませんので望みはあります。

データ復旧はどこに頼めばいいのか

メーカーによっては自社で復旧サービスをおこなっているところもあれば、データ復旧業者を紹介されることもありますが、仲介費用を上乗せしているため復旧費用が高く、データ復旧を依頼する場合は復旧業者をご自身で探す事をおすすめします。

また、探していく中で復旧業者によってはデータ復旧費用に数十万円以上の差がありますが、ハードディスクが物理的に壊れていなければ低価格の復旧業者へ依頼すると良いでしょう。

弊社サービスではデータ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスクでも紹介しているように実績は多く、復旧費用も見ていただければお分かり頂けますように、LAN接続HDD/USB接続HDDの差別化は行っておらず、完全成功報酬制かつ上限をしっかりと設けた料金にてご対応しておりますので、他社と比較して頂ければ安価で復旧サービスをご利用いただけます。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
障害が発生したランディスクからデータを復旧させる方法
I-O DATAのランディスクが故障し、起動しない場合の対処方法!
突然ランディスクにアクセスできない症状にお困りではありませんか?
【起動確認方法】ランディスクが停電でアクセスできない…認識しない…【対策方法】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
【復元】LAN接続ハードディスク(NAS)故障時の確認【BUFFALO、I-O DATA】
NASへアクセスができない原因と復元方法 LinkStation TeraStation LANDISK
NAS(TeraStation,LANKIDK)がRAID崩壊モード時の対処、復元方法
RAID崩壊しアクセス不能なLinkStation、LANDISKのデータ復元方法
【データ復元】RAID1(ミラーリング)LinkStation、LANDISKの接続エラー時の対応策【データ復旧】
【復旧】I-O DATAのLAN接続型ネットワーク対応ハードディスクの修理、データ復元方法
RAID1使用LinkStationやLANDISKからデータ復旧させたい場合
【RAID5】TeraStationやLANDISKからの復旧方法【RAID崩壊】
【RAID】I-O DATA/LANDISK(4台構成)お取り扱い実績一覧【NAS】
2台構成のLANDISKが故障しアクセスできない、認識しない、エラーランプが点灯する場合
LANDISKがRAID崩壊しデータ修復が必要な場合の対処方法
RAID1設定LANDISKがエラーで認識しない場合の対処方法と復旧方法!
【データ復旧】アクセス障害によるLANDISK(NAS)データ修復方法【ネットワーク対応HDD】

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP