データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【復元】LinkStationがアクセスできなくなったり、認識しなくなった場合の対処法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

LinkStation(リンクステーション)

LinkStation(リンクステーション)が突然アクセスできなくなってしまったり、パソコンに接続しても認識しなくなった等、急に故障してしまう事は少なくはありません。

BUFFALO社から販売されているLinkStationですが、こういったトラブルはRAID(レイド)構成のTeraStaion(テラステーション)、I-O DATA社から販売されいているLANDISK(ランディスク)でも起き、LAN接続製品であるNASを利用されている方は注意が必要です。

【アクセスできない、認識しない主な原因と対処法】

基本的に「アクセスできない」「認識しない」(メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない)場合は、内蔵されているハードディスクシステム異常である事が多く、前兆としてアクセスに時間が掛ったり、読み書き込み時の遅延やパソコンがフリーズしてしまったりと、何かしらおかしいと思う事が起きていると思いますので、こうした場合は直ぐにバックアップを取るようにしましょう。

※前兆無く障害が発生する場合もあります。

バックアップを取り損ねたりバックアップ中に障害が発生してしまった場合は、対処法としてシステム修復を行うことで製品として使用できるようになります。

修復方法はメーカーサポートでの対応またはご自身で対応することが可能で、自分でするのは不安という方はサポートで対応してもらうようにしましょう。

しかし、このシステム修復とはフォーマットを行う必要があるため、保存されているデータは全て消失してしまうので、データが必要となる場合はデータ復旧作業が必要となってしまいます。

【データが必要である場合の復元方法】

USB接続製品とは異なりLAN接続のHDDはファイルシステムLinuxを採用されており、そのままケースからハードディスクを取り外しパソコンに接続行っても、ファイルシステムが対応していないためデータアクセスはもちろん、ハードディスク自体にアクセスが出来ません。

また、フォーマットエラーが複数出てしまうので、間違えてもフォーマットを続行してはいけません。
フォーマットエラーが表示される

Windowsパソコン、Macパソコンからハードディスクへアクセスさせるには、別にLinux系OSをインストールする必要があり、LinuxOS導入方法は数多くの紹介サイトがあるので、ご自身でお試しされる場合は参考にしてみましょう。

ハードディスクの物理障害、不良セクタ等による障害でなければ、この方法でデータ復旧は可能となります。
物理障害や不良セクタ等でデータが転送が無理であった場合、ご自身で対応するのが困難である場合は、弊社までお問い合わせ下さい。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP