データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

NAS(TeraStation,LANKIDK)がRAID崩壊モード時の対処、復元方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

ネットワーク対応HDD

NAS(TeraStation,LANKIDK)がRAID崩壊モード時の対処、復元方法
目次
1-概要
2-LANDISKとTeraStation/LinkStation
3-LANDISK/TeraStationがRAID崩壊モード時の対処・データ復旧方法
4-LANDISK/TeraStationが崩壊した場合のデータ復元、データ復旧方法

I-O DATA(アイオーデータ)社から販売されているNASのLANDISK(ランディスク)は、HDDが単体のものから複数台構成の製品があり、BUFFALO(バッファロー)社からはTeraStation(テラステーション)の複数台構成、LinkStation(リンクステーション)のHDD単体または2台構成の製品があります。
今回紹介する製品はRAID(レイド)構成品で起こる障害の一つでもあるRAID崩壊についてご紹介します。

【LANDISKとTeraStation/LinkStation】

LANDISKはその名の通りLAN接続で使用するのが主な製品ですが、特定の製品は設定を変更することでUSB接続でも利用が可能であり、状況に応じて使い分けることが出来ます。
TeraStationも同様にLAN接続で使用するのが一般的で、主に4台構成で市販されている物を指します。

HDDが2台以上の複数台ランディスクではRAIDを利用することが可能で、製品では2台構成、4台構成が主流で販売されており、2台構成のLANDISK、リンクステーションではRAID0(ストライピング)、RAID1(ミラーリング)が設定可能で、4台構成ではRAID0RAID1RAID5パリティ付きストライピング)が設定可能となります。

この他にも製品によってはRAID6(2パリティ付きストライピング)、RAID1+0(RAID10)、RAID0+1(RAID01)、JBOD(スパニング)が設定できるものもあります。

データ保存領域の大量化、データ読み書きの高速化、ハードディスクの耐故障性に優れているRAID(レイド)ですが、筐体の異常やハードディスクの異常により、RAID崩壊モードとなり、データへはもちろんドライブ自体へアクセスが出来なくなってしまう障害が発生します。

【LANDISK/TeraStationがRAID崩壊モード時の対処・データ復旧方法】

まずエラーとなっている原因を特定しなくてはなりません。
筐体前面のドライブアクセスランプを確認し赤色になっていない場合、一度筐体の電源を落とし再起動させてみましょう。
再起動でも状態が変わらない場合はLANケーブルの差し替えや、LANケーブルの交換を行う事で元に戻る場合があります。
アクセスランプが赤色になっている場合は、赤色のドライブ(HDD)が異常と判断されているため、取り外してから再起動または新しいHDDを入れ直す必要があります。
TeraStationの場合、エラーコードが表示される製品もあるので、表示コードやエラーランプの点灯/点滅を確認し、下記のページでエラー内容を確認してみてください。
EM(エマージェンシーモード)の各エラーの説明、対応方法をご紹介!~前編~
EM(エマージェンシーモード)の各エラーの説明、対応方法をご紹介!~後編~
取り外してからの再起動で問題なくデータへアクセスが出来た場合は、速やかにデータのバックアップを行ってください。

新しいHDDを入れ直した場合は、設定画面のメンテナンス操作でレイドを再構成(リビルドする事で、これまで通り製品として利用が出来るようになります。
ただし、取り外し後の再起動やメンテナンス操作によるRAID再構成は、データが消失してしまう恐れがあるため、保存データが必要である場合はこの方法はおすすめ出来ません。
なぜ、データが消失してしまうのか、詳しく紹介しているこちら「RAID障害時、注意すべき4つのポイント」のページをご覧下さい。

【LANDISK/TeraStationが崩壊した場合のデータ復元、データ復旧方法】

データ復元、データ復旧にはRAID再構成(リビルド)以外に、データ復旧ソフトを利用することでデータが取り出せる場合があります。
データ復旧ソフトは様々な種類がありますが、RAIDは単体のハードディスクとは異なり、複数台のHDDを1ドライブとして認識されているため、RAIDを対応しているデータ復旧ソフトと専門の知識が必要となります。
また、復旧ソフトの多くは製品版でなければ全てデータを取り出せない制限が設けていたり、製品版のライセンスとは別にRAIDライセンスが必要と、想像している以上に費用がかかってしまいます。
購入したソフトで復旧を試しデータ復旧が出来なかったとなれば無駄な出費になってしまいますし、ソフトを利用してしまった事によりHDDの状態が悪化や情報の書き換えなど、データ復元の可能性を低下させてしまう事も少なくはありません。
RAIDが壊れ復旧がしたい…でもどうやって?復旧ソフトと弊社の比較
ご自身での対応は決して悪いことではありません。
ただ、そこにはリスクがある事を理解し、保存データの重要性を考慮した上で、作業を行うようにしましょう。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP