HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / LANDISKがRAID崩壊しデータ修復が必要な場合の対処方法
LANDISK(各種)

LANDISKがRAID崩壊しデータ修復が必要な場合の対処方法


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

LANDISK内蔵HDD台数の違い

I-O DATA(アイオーデータ)社のネットワーク対応HDDであるLANDISK(ランディスク)は、搭載されているハードディスクの台数が1台の製品から複数台の製品が販売されています。

BUFFALO(バッファロー)社のNAS製品は、LinkStationとTeraStationという製品分けがあり、LinkStation(リンクステーション)は、内臓HDDが1~2台までの製品名となっており、3台以上のハードディスクが搭載された製品はTeraStation(テラステーション)と呼ばれています。

I-O DATA(アイオーデータ)社の場合はネットワーク対応HDDを、個人向け製品、法人向け製品と分類し、NAS製品はLANDISK(ランディスク)と総称しています。

LANDISKの中でもハードディスクの搭載台数が2台以上の製品の場合はRAID(レイド)構成に対応し、様々なRAID構成で運用することができるようになっています。

目次

1-LANDISK2台構成
2-RAID0で使用
2-1-RAID0のデータ修復方法
3-RAID1で使用
3-1-RAID1のデータ修復方法
4-LANDISK3台構成以上
5-RAID5で使用
5-1-RAID5のデータ修復方法
6-RAID(レイド)の運用方法
関連の記事・対処法など

LANDISK2台構成

2台のハードディスクを搭載している製品は主に、RAID0RAID1に対応しており、製品によって異なりますが工場出荷状態がRAID0の物とRAID1の物があります。

RAIDレベル変更は本体または製品の設定画面から変更が可能となります。

RAID0で使用

RAID0というのはストライピングという機能であり大きく2つの機能があります。

搭載されているハードディスク2台の容量が500GBのHDD×2であると仮定した場合、RAID0を使用することで1TBのHDDに大容量化することができます。

最近は、1つのHDDで3TB以上の容量の製品がありますが、以前はハードディスクの容量が小さかったため、小容量の問題を解決させるため複数台のHDDをRAID0(ストライピング)にすることで大容量化していました。

また、データ保存の際も1つのデータを分割して保存するため、高速化することができます。

RAID0のデータ修復方法

RAID0(ストライピング)がRAID崩壊を引き起こす場合は、HDDの故障が原因であることが多く、簡易的な方法では直しようがありませんので、速やかにデータ復旧サービスを利用しましょう。

RAID0は単にデータを分割保存しているだけですので1つのHDDが壊れてしまえば、データが欠損するためデータ破損を引き起こしてしまいます。

RAID0で運用中にRAID崩壊を引き起こした場合は、2次被害を避けるためデータ復旧作業を依頼しましょう。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)
RAID障害時、注意すべき4つのポイント

RAID1で使用

RAID1という機能はRAID0とは異なり、大容量化や高速化を目的としたものではなく、RAID1はミラーリングという機能であり、文字通り「ミラー=コピー」または「自動バックアップ」する機能です。

搭載しているハードディスクの容量が500GBのHDD×2台として考えると、保存できるデータの最大容量は500GBとなります。

RAID1の場合データ保存領域の大容量化が目的ではなく、耐故障性について安全性を高めるための機能で、データが保存される際2台のHDDに同時にデータを保存し、全く同じデータが同じように2つのHDDに保存されます。

つまり2つのハードディスクに保存されるということは、片方のハードディスクが破損してしまった場合、2台目のHDDからデータを読み書きできるというわけです。

RAID1(ミラーリング)は、HDDが故障してしまった場合の保険のようなものだと考えてください。

RAID1のデータ修復方法

RAID1で使用しているLANDISKがアクセスできない、または認識することができない場合は、通常2台のハードディスクで運用しているわけですから、2台ともにHDD故障が考えられ、保存データの救出にはデータ復旧サービスを利用する必要があると思われます。

1台のハードディスクが壊れてしまった場合は、エラー表示がありますから、その際に速やかにハードディスクを交換し、RAID1構成をリビルドしておけば元通りに使用できます。

リビルドせず使用していると、1台のみで運用していることと同じですので、故障の危険があります。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

RAID1(ミラーリング)で使用しているLANDISKが認識しない、アクセスできない場合は、データ復旧作業が必要となりますので、データ復旧サービスを利用しましょう。
RAID障害時、注意すべき4つのポイント

LANDISK3台構成以上

LANDISKに3台以上のハードディスクが搭載されている製品の場合、RAID0RAID5の他に、RAID6RAID1+0RAID0+1、製品によっては暗号化機能があり、大容量化や高速化、耐故障性やセキュリティの強化が可能で、主にRAID5で運用されていることが多い製品となります。

RAID5で使用

RAID5は分散パリティ付きストライピングという機能であり、最低3台のハードディスクが必要となります。

3台のHDDで説明するとデータ保存の際に分割されたデータと分割したデータ情報が生成され、1つのデータを保存する際に分割データ2つとパリティが分散保存されます。

データは分割データAとB、パリティ情報Pとなり、データはA+BとパリティPを読み込みます。

RAID5の場合、仮に分散データAのHDDが破損した場合でも、A=P-Bで欠損したAのデータを補うことができるため、RAID5耐故障性に優れているRAIDとなります。

RAID5がRAID(レイド)崩壊する場合は、2台以上のハードディスクが故障した場合に起こります。

RAID5のデータ修復方法

RAID5(分散パリティ付きストライピング)で使用しているLANDISKの場合は、前述の通りハードディスクが1台故障した場合は、そのHDDを交換しRAID5のリビルドが可能です。

リビルドができない場合やハードディスク2台以上に異常が生じている場合は、個人でのRAID5修復はほぼ不可能といえる状態ですので、データ復旧サービスを利用しましょう。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)
RAID障害時、注意すべき4つのポイント

RAID(レイド)の運用方法

耐故障性や高速化、大容量化などの観点から、全てを満たすRAID構成は難しいですが、2台のハードディスクを搭載しているLANDISKであれば、RAID1(ミラーリング)構成を利用し、3台以上のハードディスクを搭載している場合は、RAID5(分散パリティ付きストライピング)構成を利用されることがお勧めとなりますので、ご利用の際はご参考にしてみてください。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)
RAID障害時、注意すべき4つのポイント
RAIDは良い?悪い?RAIDを使用するメリット・デメリット
LAN接続HDD ファームウェア更新の失敗によるデータ復旧方法
【復旧】RAID製品の熱暴走、落雷などの停電による障害【復元】
各RAID(レイド)レベルの長所短所を確認
【RAID崩壊】RAID製品でよくあるトラブルからのデータ復旧方法【アクセス不可】
RAIDトラブル発生時の対処方法とデータ復旧方法
RAIDが壊れ復旧がしたい…でもどうやって?復旧ソフトと弊社の比較
RAID製品からのデータ復旧 RAID崩壊
RAID修復 各RAIDのデータ復旧方法と危険性
【RAID】認識しない・接続できない・レイド崩壊を起こしてしまった場合の復旧、復元方法
【復元】RAID認識しないエラーは修復ソフトでデータが戻る【復旧】
NAS(TeraStation,LANKIDK)がRAID崩壊モード時の対処、復元方法
RAID崩壊しアクセス不能なLinkStation、LANDISKのデータ復元方法
ネットワーク接続HDD(RAID構成)認識しなくなった場合の復元方法
障害が発生したランディスクからデータを復旧させる方法
I-O DATAのランディスクが故障し、起動しない場合の対処方法!
突然ランディスクにアクセスできない症状にお困りではありませんか?
【起動確認方法】ランディスクが停電でアクセスできない…認識しない…【対策方法】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
【復元】LAN接続ハードディスク(NAS)故障時の確認【BUFFALO、I-O DATA】
NASへアクセスができない原因と復元方法 LinkStation TeraStation LANDISK
NAS(TeraStation,LANKIDK)がRAID崩壊モード時の対処、復元方法
RAID崩壊しアクセス不能なLinkStation、LANDISKのデータ復元方法
【データ復元】RAID1(ミラーリング)LinkStation、LANDISKの接続エラー時の対応策【データ復旧】
【復旧】I-O DATAのLAN接続型ネットワーク対応ハードディスクの修理、データ復元方法
RAID1使用LinkStationやLANDISKからデータ復旧させたい場合
【RAID5】TeraStationやLANDISKからの復旧方法【RAID崩壊】
【RAID】I-O DATA/LANDISK(4台構成)お取り扱い実績一覧【NAS】
2台構成のLANDISKが故障しアクセスできない、認識しない、エラーランプが点灯する場合
RAID1設定LANDISKがエラーで認識しない場合の対処方法と復旧方法!
【データ復旧】アクセス障害によるLANDISK(NAS)データ修復方法【ネットワーク対応HDD】
【NAS】RAID0からデータ復旧を行う場合の注意点と復元方法【ストライピング】
【データ復旧方法】RAID0のLinkStationがエラーランプ点灯しアクセスできない場合【対処方法】
RAID0(ストライピング)がRAID崩壊を起こした場合のデータ復旧
RAID0からデータ復旧を行う場合の注意点と復元方法【ストライピング】
RAID0のLinkStationがエラーランプ点灯しアクセスできない【データ復旧 対処】
ミラーリング(RAID1)データ復旧方法と復旧費用のご紹介
RAID1使用LinkStationやLANDISKからデータ復旧させたい場合
【データ復元】RAID1のリビルド方法とその危険性【ミラーリング】
ミラーリング(RAID1)仕様データ復元方法は簡単!?
【データ復元】RAID1(ミラーリング)LinkStation、LANDISKの接続エラー時の対応策【データ復旧】
ミラーリング(RAID1)データへアクセスできない場合の復旧方法
【復元】RAID1接続できない 3つのポイントで解決【復旧】
【対処方法】RAID1のLinkStationがエラーランプが点滅し、アクセスできなくなった【リビルド】
RAID1のLinkStationが認識しない、アクセスできない状態になってしまった場合の対処方法
RAID1(ミラーリング)設定の外付けHDDが故障した場合の対処方法
RAID1設定LANDISKがエラーで認識しない場合の対処方法と復旧方法!
LAN接続HDDミラーリング RAID崩壊時の対処と修復
【修復】NAS製品RAID5へアクセスできない場合【復旧】
【RAID5】TeraStationやLANDISKからの復旧方法【RAID崩壊】
【復元】RAID5アレイにディスク障害が発生した場合の復旧方法【修復】
RAID5仕様のNASが起動しなくなった場合の復元方法
【復元】RAID5サーバーが起動しない…RAID崩壊してるかも…そんな時の対処法【修復】
【データ復元】RAID5のTeraStationにアクセスできなくなった場合の対処方法【復旧方法】

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP