データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

外付けHDDに保存していたデータが文字化けしてアクセスできない…

ハードディスクが4,980円

外付けHDD

正常にドライブとして認識し使用も出来ているにも関わらず、外付けHDDに保存していたデータのフォルダ名やファイル名が文字化けし、データが読み取れなくなったという障害が起こったことはありませんか?

フォルダ名やファイル名が文字化けしてしまう場合、原因の多くはディレクトリ破損によるものです。

【ディレクトリってなに?】

ディレクトリとは保存しているデータの住所録であり、ハードディスクに限らず記憶媒体に記録された、全てのファイル管理情報の記録部分を指します。

ディレクトリが破損してしまったことによりフォルダ構造が壊れ、フォルダ名やファイル名が文字化けしている障害となるのです。

この状態の場合はデータ自体は正常であることが多いのですが、ディレクトリ破損によってフォルダの中にアクセスできない、ファイル自体にアクセスできないという状態になっています。

【データ復旧は可能なの?】

ディレクトリ破損のためデータ復旧をおこなっても、フォルダ名やファイル名が破損していることが多い障害ですが、データ自体は復旧できる可能性が高いため、データ復旧を行うことをおすすめします。しかし、フリーソフトや市販されているデータ復旧ソフトでは難しいことが多く、データ復旧業者へ依頼する方が良いでしょう。

ディレクトリ破損のみであれば、障害の度合いは論理障害となりますので、弊社では安価でデータ復旧が可能です。

詳しくは弊社ホームページの復旧費用をご覧ください。

【フリーソフトや市販ソフトではどうして難しいの?】

ソフトの種類にもよりますが文字化けの障害の場合、フォルダ名やファイル名が破損している事が多いので、希望データが存在しているのかデータを復元してからでなければ判断ができません。

フリーソフトの場合は製品版を購入させるため復元できる容量が少なく、製品版を数万円で購入したにも関わらずデータ復元が出来なかったとなれば、無駄な出費となってしまいます。

また、出費だけの問題であればまだいいのですが、ソフトを使用したことでHDDの状態が悪化してしまったり、誤操作でデータが消えてしまったりとリスクが生じますので、ご自身で復旧作業を行う場合は十分にご注意ください。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

【文字化けフォルダにアクセスできるけど…】

文字化けしてしまったフォルダでもアクセスできる場合もありますが、その場合は速やかに保存されているデータを別のHDDにコピーしましょう。

アクセスを続けていると状態が悪化しアクセスできない状態や、ハードディスクが認識しない(メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない)状態、「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とフォーマットエラーが表示されることもあります。
また、この他にもエラーメッセージが発生する事もあるため、無理な通電は控え状態維持させた方が、結果的に重要データの検出が行える場合もあります。
よくあるエラーメッセージの紹介と対処法

エラーメッセージが発生していると言う事は、少なからず障害が発生している状態であるため、継続使用は控えた方が良いでしょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP