データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【原因の特定】外付けHDDがBIOS上でアクセスできない場合の復旧方法【認識しない】

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

外付けHDD

USB接続でパソコンに接続している外付けHDDが、突然認識できない状態になり、アクセスできないという症状になった場合、主にハードディスクの故障または、外付けHDDの制御基板の故障などが考えられます。

000051_25

USB接続してもドライバのインストールが開始されず、外付けハードディスクとして認識できない場合や、BIOSで認識しない場合など、認識しないという障害でもその症状は様々です。
メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない

【原因の特定をおこなう】

まず、接続部分の確認しましょう。

パソコンのUSBポートが故障し認識しないという場合や、接続に使用しているUSBケーブルが破損しているため、外付けHDDが認識していない可能性もありますので、まずはUSBの差し込み口を変えてみてください。

USBの差し込み口を変えても認識できない場合は、USBケーブルを交換することで繋がる場合があります。

【試してみたけど改善されない】

USB差し込み口の変更、ケーブルの交換をおこなっても認識できない状態が変わらず、外付けハードディスクにアクセスできない場合は基盤故障を疑いましょう。

基本的に外付けハードディスクの構造はとてもシンプルで、ケースの中にハードディスクと制御基板が入っているだけであり、外付けHDDからハードディスクを取り外し、専用のケーブルを使い直接繋ぐことで、制御基板の故障が原因であれば、認識することができ、アクセスできると思います。

専用のケーブルが無い場合は、簡易的な外付けHDDケースの購入をおすすめします。

【制御基板が原因で無い場合】

それでもハードディスクが認識できない場合、BIOSで認識しているか確認しましょう。

正常なハードディスクであれば、外付けHDDやパソコン内臓ハードディスクであっても、BIOS上で認識することができますので、認識しない場合はハードディスクの故障といえるでしょう。

また、外付けハードディスクなどUSB接続メディアの場合、ドライバのインストールができていないと、BIOS上でも認識しない状態が多く、仮にドライバのインストールは確認でき、ハードディスクとして認識しているが、データ領域にアクセスできない状態となっていることも少なくありません。

【データ復旧方法】

ハードディスクが故障しているのであれば、BIOSで認識できない場合が多く、認識されていない状態であれば、データ復旧をおこなう必要がある障害となります。

また、BIOSで認識できない場合はハードディスクが破損していることが多く、ハードディスクの部品が破損していたということも珍しくはありません。
データ復旧ソフトなどを利用しご自身で復旧をお考えの場合、復旧できるケースもありますが、ハードディスクの状態を悪化させ二次被害を避けるためにも、まずは弊社データ復旧サービスまでお問い合わせください。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP