データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【復旧】USB接続ハードディスク認識しないエラーを解除する方法【HDD】

ハードディスクが4,980円

外付けHDD

BUFFALO(バッファロー)I-O DATA(アイオーデータ)以外にも、多数のメーカーから市販されている汎用性の高いUSB接続ハードディスクは、パソコン内蔵では無く外付けHDDとして利用できるため、パソコンに詳しくない方でも手軽に保存容量の大量化が可能なので、多くの方がデータ保存のために使用していると思います。

そんな手軽に使用出来るUSB接続ハードディスクも、突然パソコンで認識しないエラーが発生し、保存していたデータが見れなくなる障害があります。
メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない

何の前触れも無く障害が発生するケースが多いので、対策としては常にバックアップを取る方法しかありません。

ですが、前触れに思える状態も当然あります。

例えばドライブへのアクセスが急激に遅くなったり、データの読み込みに時間がかかったり、一部フォルダ/ファイルのアクセスが出来なくなったりするなど、普段と「少しおかしいな?」と違和感を感じられた場合は、認識しないエラーの前兆と考えた方がいいでしょう。
よくあるエラーメッセージの紹介と対処法

完全に認識しなくなる前にデータを取れる分だけでも別の場所へバックアップを取ってください。
※ただし、HDDに障害が発生している場合、バックアップ作業を行う事で負荷がかかり、症状を悪化させる原因にもなりかねませんので、自己責任でご対応ください。

ではどうしてこのような障害が起きるのか。

【USB接続ハードディスク認識しない主な原因と障害】

基本的にHDDの経年劣化による事が多いのですが、購入して1年以内の場合は初期不良とされています。

経年劣化や初期不良の他はハードディスク内のシステム障害や不良セクタが原因であり、この場合はフォーマットエラーが表示される事が多いです。

フォーマットを促すエラーは比較的、軽度な論理障害で対応出来る事が多く、それほど深刻な状態ではありませんが、データ復旧作業は必要となります。

不良セクタが原因である場合はHDDの寿命と言ってもいいでしょう。

保存していたデータ領域に不良セクタが発生すると、そのデータ領域を読み取る事が出来なくなるので、データ復旧作業を行ってもデータは破損しているか、全く取り出せない状態となります。

【データを読み取れるようにする解決方法】

ハードディスクに原因がある場合はデータ復旧作業が必要となりますが、ケースまたは筐体側の基盤が原因である場合は、ケースからHDDを取り外し簡易ケースやUSB変換ケーブル、ハードディスク用クレードルを利用することで、データ復旧作業をせずそのままドライブ認識出来る場合があります。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
注意点としてはケースからHDDを取り外してしまうので、保証期間内であればメーカーに一度相談した方がいいでしょう。

また、ハードディスクが原因である場合は無理やり通電させる事になるので、障害が悪化してしまう可能性や状態が悪化し最悪壊れてしまいますので、通電を行って改善されなければ直ぐに電源を切り、安心安全安価データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP