HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 【対処】壊れたHDDのデータ復元は可能?サルベージ方法と復旧ソフトを利用したデータ修復
HDD(ハードディスク)

【対処】壊れたHDDのデータ復元は可能?サルベージ方法と復旧ソフトを利用したデータ修復


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

ハードディスク故障は必ず起きる

パソコンを使用している限り、必ず付きまとう故障の1つにHDDが壊れるというものがあります。

WindowsMacintoshでも、OSデータや作成したデータが保存されているのは、パソコンに内蔵されているハードディスクSSD外部記憶装置である外付けHDDフラッシュメモリとなります。

ハードディスクが故障してしまえば、パソコンを起動する事が出来なくなってしまい、保存していたデータへアクセスすることはもちろん、データを取り出す事も出来なくなってしまいます。

パソコンにOSやデータが記録されている記憶媒体はHDDだけではありませんが、一般的にパソコンに内蔵され多く使用されているハードディスクが壊れてしまい、「パソコンが起動できない」「データを取り出すことができなくなった」と仮定し、突然のトラブルにどのような対処をするべきか、故障したハードディスクのデータ復旧方法についてご紹介したいと思います。

セーフモードを起動

通常通りパソコンを起動してもOSの画面からその先に進まず起動できない場合、パソコンのハードディスクに保存されているシステムが壊れてしまった可能性が疑われます。

OSのロゴ画面が表示されるということはHDDは認識している状態であり、ロゴが出るということはハードディスクに保存されているOSデータの読み込みを行っているという状態であるため、ハードディスクが物理的に壊れてしまった可能性は低く、HDDに保存されているOSデータが壊れたという可能性が高いと判断できます。

しばらくしてもOSを読み込まずパソコンが正常に起動しない場合、一度強制終了し再度パソコンの電源を入れて同じ症状になるか確認をし、パソコンを再起動した際にセーフモードでの起動を促される画面が表示された場合、セーフモードでパソコンの起動を試み起動すればシステムの復元を行いましょう。

もし、OSデータの破損が軽度の状態であれば、システムの復元により修復可能です。

セーフモードが起動しない場合または永続的に繰り返してしまうような場合は、パソコンからハードディスクを取り外し他のパソコンに外付けHDDとして接続します。

HDDを単体で接続

外付けHDD化するケースやUSB接続に変換するケーブルが販売されていますので、ケースや変換ケーブルを使用し他のパソコンで認識するか確認しましょう。

もし認識するようであれば、データのバックアップを行い、データを取り出しましょう。

認識に至らない場合は、復旧ソフト利用の注意をご覧ください。

BIOSで確認

PCをセーフモードで起動可能であればOSデータを修復できる可能性はありますが、「黒い画面のまま進まない」「青い画面(ブルースクリーン)になりセーフモードにならない」、このような場合はBIOS上でハードディスクを認識しているか確認してみましょう。
BIOS画面から進まない
ブルースクリーンから進まない
もし、BIOS上でハードディスクの型番を認識していない場合、ハードディスクの故障となります。

物理的にHDDが壊れた状態であることが多いため、BIOSで認識しない場合ハードディスクのデータ復旧は、弊社のような専門のデータ復旧サービス会社を利用することをおすすめします。

BIOS上で認識している場合であれば、HDDが物理的に壊れている可能性は低く、データ復元ソフトを利用しHDDからデータ復旧ができる可能性はあります。

復旧ソフト利用の注意

フリーの復元ソフトや市販のデータ復旧ソフトを利用し、壊れたHDDのデータ復旧を行う場合、最低限パソコンに接続しハードディスクとして認識している必要がありますので、ハードディスクが認識しないような場合はデータ復旧会社に依頼するようにしましょう。

壊れたHDDからでもデータ復旧を行う事で、データ救出をすることは可能ですが、当然すべての壊れたHDDがデータ復旧可能というわけではありません。

HDD内部のプラッタと呼ばれるデータを記録しているディスクに傷がついていたり、読み書き込みの磁気ヘッドと接触し、ディスク表面が削れてしまっているような場合は、データ復旧をすることはできませんが、壊れたHDDにディスク損傷がなければ、ソフトによるデータ復元が可能なケースもありデータ復旧の可能性は大いにありえます。

パソコンが起動できなくなってしまった場合は、まずセーフモードで修復可能か、不可能であれば、他のパソコンに接続した際にHDDを認識することができるか、このあたりを確認し復元ソフトを使用してみるのか、専門業者に依頼するのか、保存されているデータの重要性に合わせて対処方法を判断すると良いでしょう。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

【復元】パソコンが起動しない…確認すべき8項目【Windows】
パソコンが突然青い画面(ブルースクリーン)になり起動できなくなった場合の対処方法とデータ復旧
認識しないハードディスクの復旧、復元の対処方法【パソコン】
セーフモードからパソコンが起動できない原因と起動させる方法
Macパソコンが起動しない!アップルマークから進まない!トラブル解決方法
停電でパソコンが壊れる?起動できなくなったパソコンのデータ復旧方法
黒い画面から進まずパソコンが立ち上がらない【BIOS】
【ブルースクリーン】簡単に青い画面が出たパソコンを起動させる方法【ブルーバック】
パソコンが起動しなくなった場合の確認箇所と対処方法
落雷、ブレーカー落ちによりパソコンが故障してしまった
起動中にパソコンが再起動を繰り返す

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP