HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / エラー表示され認識しない外付けHDDを認識させデータを復旧させる方法
パソコン

エラー表示され認識しない外付けHDDを認識させデータを復旧させる方法

ハードディスクが4,980円

エラーメッセージが出てお困りの方へ

パソコンで接続している外付けHDDハードディスク)が認識しなくなり、画面上にエラーメッセージが表示され、データへのアクセスも不可能な状態で、頭を抱え込んでおられませんか?

エラーメッセージの内容によっては業者を頼らず、個人の対応でデータへアクセスが出来る場合もあるので、今回はエラーメッセージの種類と復旧方法をご紹介したいと思います。

目次

1-エラーメッセージが発生する主な原因
1-1-断定が出来ない理由
2-主なエラーメッセージと復旧方法
3-フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?
3-1-フォーマットエラーからの復旧方法
3-2-フォーマットエラー関連記事

4-ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。
4-1-ファイルまたはディレクトリが壊れているエラーからの復旧方法
4-2-ファイルまたはディレクトリが壊れているエラー関連記事

5-パラメーターが間違っています。
5-1-パラメーターエラーからの復旧方法
5-2-パラメーターエラー関連記事

6-データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。
5-1-CRCエラーからの復旧方法
5-2-CRCエラー関連記事

関連の記事・対処法など

エラーメッセージが発生する主な原因

何の前触れも無く外付けHDDが認識しなくなり、パソコン上にエラーメッセージが表示される多くの原因は、外付けHDD側に何らかの異常が発生している事が大半となっており、この異常に関しても論理障害レベルから物理障害レベルまで幅が広く、「どうしてエラーメッセージが表示されてしまったのか」と断定し対策できる物ではありません。

断定が出来ない理由

エラーが発生した原因は複数考えられ、使用環境、使用頻度、機器の初期不要や機器の寿命など様々であり、外付けハードディスクに限らずパソコン内蔵HDDやその他メディアは全て永久品ではなく、消耗品となるので永続的に一つのメディアでデータを保持する事は不可能となります。

また、エラーメッセージが表示されるタイミングも様々で、正常に認識していた物が急に認識しなくなったり、初期に比べデータ書き込みや読み込みに時間を要したり、衝撃を与えていないにも関わらず異音や警告音が鳴り始めたりと、前触れのような症状が現れる物からそうでない物まで、その時々の状況によって異なりますので、少しでも挙動がおかしいと感じられたらバックアップを取るようにしましょう。

主なエラーメッセージと復旧方法

エラーメッセージは一つだけではなく複数存在しており、似たようなエラーから全く異なるエラーまで幅広くあり、代表的なエラーメッセージとその復旧方法についてまとめてみました。

フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?

win Vis 7フォーマット
このエラーは外付けHDDがパソコンで認識されている物の、外付けハードディスクが正常に機能していないので、フォーマット(初期化)し直すよう促すエラーとなり、ファイルシステムに異常がある事を意味するエラーとなります。

「ディスクのフォーマット」を実行し正常にフォーマットが完了できれば、外付けHDDはパソコンで認識されこれまで通り使用は可能となりますが、文字通りフォーマットは初期化を意味するので、この方法では認識は成功しても保存してあったデータは消失してしまいます。

また、このエラーの特徴として比較的軽度な論理障害である事が多く、個人の作業でもデータの復旧が可能である事が多いです。

フォーマットエラーからの復旧方法

上記でも記載しているようにフォーマットエラーは比較的軽度な論理障害である事が多いので、市販されている復旧ソフトでデータの復旧が可能である事が多いです。

ただし、全ての物が復旧に繋がる訳ではありませんし、状態によっては別のエラーが発生してしまったり、認識が全く出来なくなってしまうなど、状態が悪化する事も少なくはありません。

データの重要性が高い場合は個人での作業は避け、弊社のような復旧業者へ依頼する事をおすすめします。

フォーマットエラー関連記事

フォーマットしますか?とエラー表示された場合の復旧・復元対処方法まとめ
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
フォーマットを促す表示が出た場合のデータ復旧方法
USBメモリを接続するとフォーマットする必要がありますと表示される
【HDD】フォーマットエラーからデータを復元させる方法【USBメモリ】
外付けHDDが「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」と表示されアクセスできない
xDカードが壊れた!?フォーマットエラーが表示されたデータ復旧方法
【必見】フォーマット要求されたSDカードの復旧方法【データ復旧】
【データ復旧】外付けHDD(ハードディスク)が認識しない場合の対処方法【フォーマットエラー】
【HDD】バッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合【NAS】

ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。

ファイルまたはディレクトリが壊れている
このエラー内容をそのまま受け取ってしまえば、「壊れたファイルやディレクトリがある時に表示され、壊れたファイルやディレクトリの状態を悪化させないため」、と思われる方が多いと思いますが、実際に起こっている内容はフォーマットエラーと同様に、ファイルシステムが壊れてしまった場合に発生するエラーとなります。

ですので、このエラーはファイルディレクトリを保護する機能でもなければ、ドライブの状態を維持しそれ以上の悪化を防ぐような機能でもない、と認識しておく必要があります。

ファイルまたはディレクトリが壊れているエラーからの復旧方法

「フォーマットエラーと同様」と上記でも記載している様に、「ファイルまたはディレクトリが壊れている…」と表示されるエラーも、比較的軽度な論理障害である事が多く、ドライブへのアクセスは可能で一部データに対してこのエラーが表示されるとなれば、フォーマットエラーよりも軽度と考えられるでしょう。

ですので「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」と表示されたメディアからの復旧方法も、市販されている復旧ソフトを利用する事でデータの復旧が可能となる場合もあります。

ただし、全ての物が復旧に繋がる訳ではありませんし、状態によっては別のエラーが発生してしまったり、認識が全く出来なくなってしまうなど、状態が悪化する事も少なくはありません。

データの重要性が高い場合は個人での作業は避け、弊社のような復旧業者へ依頼する事をおすすめします。

ファイルまたはディレクトリが壊れているエラー関連記事

修復「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」と表示されたエラー
外付けHDDにアクセスできなくてお困りの方へ対処・確認する方法
【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】

パラメーターが間違っています。

パラメータが間違っています
「パラメーターが間違っています」とエラー表示される原因は、MBR(マスターブートレコード)やパーティションテーブルの異常である事が多いのですが、セクタ単位での不良により正常にメディアが機能していない場合でも、このエラーメッセージが表示される事もあります。

MBRが原因である場合は問題点を改善させるためのソフトを利用する事で、データを保持したままメディア認識させることが可能となります。

しかし、不良セクタが原因である場合は無理に通電をし作業を行うと、正常であったセクタにまで不良が発生してしまい、結果的に不良セクタが蔓延しデータ復旧が困難になってしまうのはもちろんの事、最悪メディア自体が認識しなくなり物理的に壊れてしまう事も少なくはありません。

パラメーターエラーからの復旧方法

「パラメーターが間違っています。」と表示されたメディアからの復旧は非常に困難であり、何の対策もせずそのままデータ復旧作業を行うと状態が悪化してしまう事が多い障害でもあります。

どうしても個人で復旧を試みたい方は、まずメディアのクローンを作成し、作成を行ったメディアで復旧を試してみましょう。

だたし、このクローン作成中でも障害が発生したメディアは悪化し続けるので、「一回勝負」と理解した上で作業にあたってください。

データの重要性が高い場合は個人での作業は避け、弊社のような復旧業者へ依頼する事をおすすめします。

パラメーターエラー関連記事

「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
【対処方法】HDDが「パラメーターが間違っています」と表示【データ復旧】
USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合
SDカードmicroSDを接続しパラメーターが間違っていますと表示された場合

データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。

巡回冗長検査CRCエラー
ハードディスクや光ディスクなどのメディアでデータ記録面にエラーが起きデータが読めなくなった状態や、記録面に細かい傷などの障害で物理的なエラーが発生した場合に、「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。」と表示される内容になります。

また、CRCエラーは傷だけが原因ではなく磁気エラーなどでデータ読み取りが不可能となり、表面上巡回冗長検査(CRC)エラーが起きている場合もあるので、エラーが出ているだけでは論理障害なのか物理障害なのか判断がとても難しいエラーの一つとも言えます。

CRCエラーからの復旧方法

軽度であれば復旧ソフトや修復ツールを利用する事で元に戻る事も考えられますが、上記でも記載しているようにCRCエラーは「論理障害なのか物理障害なのか判断がとても難しいエラー」となるため、原因が解らない状態のまま作業を行うと結果的メディアの故障を早める事に繋がります。

まずは障害が発生したメディアの状態を悪化させない事を優先に考え、そのまま作業を行うのではなくメディアのイメージを作成するようにしましょう。
ただし、イメージを作成するにしても必ず障害が発生したメディアを起動しなくてはならないため、イメージ作成中に状態が悪化してしまう可能性も否定できません。

巡回冗長検査CRCエラーは故障前のサインであると思っていただき、出来る限り個人での対応ではなく復旧業者へ依頼する事をおすすめします。

CRCエラー関連記事

巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される
【HDD】巡回冗長検査CRCエラーが出たメディアからの修復作業【USBメモリ】

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法
外付けHDDを倒し/落とし異音が発生し認識しない…物理障害と診断された場合
【HDD】バッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合【NAS】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】
外付けHDDの故障、利用方法、データ復旧方法をご紹介
【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】
【外付けHDD】ローカルディスク表示でアクセスできない場合の対処方法【USB接続】
認識しない外付けHDDからデータ復旧を行う方法は?
外付けハードディスクが認識しないその理由とは?
MacPCで外付けHDDが認識しなくなった場合の復旧方法
認識しない外付けハードディスクのデータ復旧/対処方法
【USB接続】外付けハードディスクのデータ復旧方法【LAN接続】
【復元】USB接続ハードディスクが認識しない原因【HDD】
【対処】外付けハードディスクが認識しない、アクセスできない障害【復元】 
【復元】USB接続ハードディスクへアクセスできない場合【復旧】

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP