データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

EM(エマージェンシーモード)の各エラーの説明、対応方法をご紹介!~前編~

ハードディスクが4,980円

注意

BUFFALO(バッファロー)から製造販売されている、LinkStaion(リンクステーション)、TeraStation(テラステーション)ではEM(エマージェンシーモード)が搭載されている製品があり、エマージェンシーモードとは内蔵されているハードディスクの状態と、筐体の制御基板状態やファンに異変があった際、機能を停止し状況確認を促すシステムです。

過去の記事(TeraStationでEMと表示されてしまった場合の対処方法と復旧方法)に弊社へご依頼、ご相談が多いとご紹介させていただきましたが、ご紹介できていない他のエラーコードについての内容説明と対応方法をご紹介したいと思います。


液晶表示例
E00
SYSTEM Error E00
MPU No Response
内容
システムが応答していません。
対応
1・電源コードを抜いて電源を切ります。
2・製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E01
DRAM LINES E01
DATA Failure
内容
内部部品が一部正しく動作していません。
対応
1・電源コードを抜いて電源を切ります。
2・製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E02
DRAM LINES E02
ADDRESS Failure
内容
内部部品が一部正しく動作していません。
対応
1・電源コードを抜いて電源を切ります。
2・製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E03
RTC Chip E03
No RTC Clock
内容
内部部品が一部正しく動作していません。
対応
1・電源コードを抜いて電源を切ります。
2・製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E04
SYSTEM Error E04
Can’t Load Krnl!
Can’t Load Kernel
内容
ファームウェアが破損しています。
対応
E04発生後の再起動を4~5回実施すると、復旧モード(EMモード)に移行する場合があります。
ファームウェアをダウンロードして、アップデートしてください。
再度エラーが表示されるときは、当社修理センターへ修理を依頼してください。
ただし、再起動を繰り返すことにより他の障害を併発する可能性もございます。
ハードディスク以外の箇所が故障していなければ修理期間終了製品でも修理可能です。


液晶表示例
E05
WDT E05
SYSTEM Stopped
内容
システムが停止しました。
対応
1・電源コードを抜いて電源を切ります。
2・製品を起動します。
復旧モード(EMモード)の場合は、ファームウェアをダウンロードして、アップデートしてください。
改善されない場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E06
TFTP MODE E06
Lost boot image
内容
ファームウェアが壊れています。
対応
1. 電源コードを抜いて電源を切ります。
2. 製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E07
HD ALL E07
All HD Not Found
内容
ハードディスクが認識されていません。
対応
製品の電源をOFFにして、ハードディスクを接続し直してください。
上記を行ってもエラーが発生する場合は、当社修理センターへ製品の修理をご依頼ください。


液晶表示例
E10
UPS E10
Dependent Mode
内容
停電により、UPSのバッテリーで駆動している状態です。
対応
システムを安全にシャットダウンします。
UPS に供給されている電源を確認して問題が
なければ、TeraStation(テラステーション)の電源をON にしてください。


液晶表示例
E11
SYSTEM Error E11
Fan Failure
内容
ファンの回転数に異常があります。
対応
ファンに付着している異物やほこりをピンセットやエアダスターで取り除きます。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


液晶表示例
E12
SYSTEM Error E12
Cooling Failure
内容
システムの温度上昇が、保障値を超えました。
対応
システムの温度上昇が、保証値を超えました。
TeraStation(テラステーション)の回りに物を置かないでください。
または設置場所を涼しいところに移動させてください。


液晶表示例
E13
RAID Error E13
ARRAYx Error
内容
x番のRAIDアレイでエラーが発生しました。RAID1、5のときはデグレードモードとして動作します。
対応
x番のハードディスクを交換してください。


液晶表示例
E14
RAID Arrayx E14
Can’t Mount
内容
x番のRAIDアレイがマウントできませんでした。
対応
1. 電源コードを抜いて電源を切ります。
2. 製品を起動します。
再度エラーが表示される場合は、修理をご依頼ください。


EM(エマージェンシーモード)の各エラーの説明、対応方法をご紹介!~後編~

【保存データが必要である場合】

上記全てに共通して言えることは、データを復活させる作業ではなく、あくまでも製品として使用できる状態に戻すことを前提としていますので、保存データが必要となる場合はBUFFALOのサポートでは対象外となっています。

また、TeraStation(テラステーション)のような複数台構成の場合、復旧業者でも費用を高額に設定しているところが多く、低価格で対応している復旧業者でも複数台構成を取り扱っていないところも存在します。

弊社ではこのような事態を少しでも緩和するため、安価でご利用しやすい環境を整えておりますので、詳しくは弊社ホームページにあります復旧費用をご確認ください。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP