データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

データ復旧の事例実績や流れUSBメモリ

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

USBメモリ

USBメモリはUSBポートがあればどのパソコンからでも認識することができ、CDDVDフロッピーディスクMOディスクのように専用のドライブ装置を必要としない上、コンパクトで大容量なため利便性が高く、モーター回転部など駆動部が無いため衝撃にも強く、小型で持ち運びにも優れる特徴を持っています。ただし、USBメモリは性質上、情報を長期に渡って保存したり、頻繁に書き換えての使用には適さない記録媒体でもあります。

使われているフラッシュメモリはその原理上、消去や書き込みの際に絶縁体となる酸化膜を電子が貫通し、この貫通により酸化膜を劣化させていくため書き換え回数に制限が生まれ、USBメモリや質の悪いSSDで使用されるMLC(マルチレベルセル)タイプの 素子の書き換え上限回数は、ハードディスクに遠く及ばないとされています。そのため書き込み操作の頻度が高いと、早期に寿命を迎え正常に読み書きできなくなるので、内部では同じ場所に繰り返し書き込む事を避ける処理を行う事で寿命を延ばす方法を取っています。

目次
1-USBメモリーの構造
2-データ書き込みの構造
3-データ復旧の流れ│USBメモリー
4-データ復旧費用と実績
5-データ復旧実績/成功事例

【1-USBメモリーの構造】

USBメモリーの構造は主にUSBコネクタ、コントローラチップ、フラッシュメモリで構成されています。20130505150120

【2-データ書き込みの構造】

4_px400
フラッシュメモリは長方形のチップでUSBメモリの中に収まっており、そのチップ内部には「セル」と呼ばれる半導体が並んでいます。ファイルを保存するとこのセルにデータが記録され、このセル一つずつに、「0」もしくは「1」を値としデータを記録しています。
5_px400
セルはトランジスタの一種でシリコンでできた基板の上に「浮遊ゲート」と「制御ゲート」が乗っています。1つのセルの断面を見てみると制御ゲートに電圧をかけることにより、浮遊ゲートとシリコン基板の間を仕切る絶縁体(トンネル酸化膜)を、電子が通り抜けるようになっています。
5_px400
特に重要な役割を担っている浮遊ゲートは、電子の貯蔵庫のようなもので、下のシリコン基板とは絶縁体(トンネル酸化膜)で仕切られ ており、蓄えた電子を漏らさない仕組みになっています。この浮遊ゲートのおかげで電源を落としてもフラッシュメモリのデータが消え仕組みとなっています。
7_px400
しかし、ただ電子を蓄えておくだけでは半導体のスイッチング機能を果たせません。半導体であれば必要に応じて電子の貯蔵と放出を切り替えなくてはならないため、下のシリコン基盤側から上部の制御ゲートに向け、電圧を掛けた時だけ電子が絶縁体(トンネル酸化膜)を通り抜け、下のシリコン基板に流れ出す仕組みとなっています。
こうして、浮遊ゲートから絶縁体を通ってシリコン基板に流れ出した電子は、左側のソース(流入側)から右側のドレイン(排出側)に向かう電子の流れとな り、ソース~ドレイン間の電荷として取り出されます。この状態で、セルの値が「1」となり、逆に浮遊ゲート内に電子が貯蔵された状態だと、値が「0」となる訳です。反対に、値が「1」のセルを「0」に書き換えるには、制御ゲート側からシリコン基板に向けて電圧を掛け、電子を浮遊 ゲート内に移動させるのです。

【3-データ復旧の流れ│USBメモリー】

USBメモリーのデータ復旧方法はそのまま解析が行える場合と、フラッシュメモリを基板から取り外し、コントローラのアルゴリズムを解析する、極めて高度な技術が必要となる場合があります。そのまま解析が行える場合、つまりエラーメッセージが表示されている場合やは、基本的にデータ復旧ソフトを利用する事でデータ復元が可能となる事が多いのですが、USBメモリーのドライブ認識が取れている状態であっても、全ての症状がデータ復旧ソフトで対応出来る訳ではありません。
また、USBメモリがー正常に認識していない場合、USBメモリーの物理的な故障が原因である可能性が高くなります。特に、デバイスマネージャで、「不明なデバイス」と表示されている場合、メモリが破損している可能性が極めて高いです。ただし、USBメモリーの構造は上記画像でも説明している通り、データを記録しているフラッシュメモリ部分とフラッシュメモリのコントローラ部分に分かれているため、コントローラ部分の破損だけなら高確率でデータの復元が可能となります。ただし、フラッシュメモリを基板から取り外す作業が必要となるので、個人での対応では限界があると言えます。データ復旧が可能か無料の初期診断を弊社のようなデータ復旧サービス業者で確認するのも一つの方法となります。

【4-データ復旧費用と実績】

安心安全安価データ復旧サービスでは、年間実績500件以上の経験と知識を活かし、他社では真似の出来ない高品質なデータ解析、安価で皆様に安心頂ける復旧費用でハードディスク・SSD・NAS(内蔵・USB接続・LAN接続・サーバー)をお受けしております。

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 20,000円 15分~

(※1)上記料金の他に、消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。

【5-データ復旧実績/成功事例】

過去弊社で対応しデータ復旧が可能であった成功事例実績をご紹介いたします。

メーカー/型番 症状/障害
PNY/USBメモリ4GB エラーメッセージが表示されアクセスできない
ELECOM/MF-HSU2A32GBK 誤ってフォーマットをしてしまった
ELECOM/MF-AU2512SV フォーマットエラーが出てしまう

※ご紹介しているものは極一部であり、他メーカー、他製品シリーズもお受けし実績がございます。

安心安全安価データ復旧サービスではより確実に、安全に、そして安心して頂けるデータ復旧サービスを弊社では徹底し、提供させて頂いております。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP