データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

disc-1085276_1920

データ復旧と聞くと異常のあるUSB接続の外付けHDDやLAN接続ハードディスクであるNASRAID(レイド)、USBメモリ(USBメモリー)、SDカードmicroSD)などをパソコンに繋げ、復旧ソフトを起動し設定を行って後は解析が終わるまで待つ、そういうイメージがあるのではないでしょうか。

確かにこの方法で間違いはありませんし、データ復旧できるものは復旧できます。

しかし、全ての障害が上記の対応で可能かと言うとそうでは無く、障害の内容や異常が起きているメディアの種類によって、データ復旧方法のアプローチを変えていかなくてはなりません。

【データ復旧の流れ│ハードディスク】

一口にハードディスクと言ってもいろいろな種類があり、パソコンやサーバに内蔵されている物や、家庭用電源から電源供給を行う据え置き型や、USBケーブル一本で電源供給を行うポータブル型HDDも外付けハードディスクに位置付けされます。

今ではUSB接続やLAN接続が主流となっていますが、もっと細かく書けばUSBでもUSB1.1、USB2.0、USB3.0、最近ではほとんど利用する事はありませんがeSATA接続などもありました。

また、USB3.0の上位互換であるUSB3.1が発表され、2015年3月にApple社から発売されたMacBookには、USB3.1 Gen1対応のUSB3.1 Type-Cポートを採用されており、この他にもApple社のMac製品にはFireWire 4pin、FireWire 400 6pin、FireWire 800 9pinのFireWire、Thunderbolt、Thunderbolt2、Thunderbolt3のThunderboltがあり、Thunderbolt3に関してはこれまで独自のコネクタ形状からUSB3.1 Type-Cへと共通化されています。

外付けHDDの大きさや接続方法はいろいろな種類がありますが、実はどの外付けハードディスクも基本的な構造は同じで、画像を見て頂ければ分かるように大きく分け3つのパーツで構成されています。werhfauiweiawlga

他社での診断方法はわかりませんが、安心安全安価データ復旧サービスのデータ復旧の流れは、まずケースからハードディスクを取り外す事を行います。

ケースからハードディスクを取り外す理由として、画像青枠のケース側基板を通す事により、解析速度低下を回避させる事と、基板障害の可能性を無くす事も重要ですが、最も重要なのはハードディスクのクローンを作成する必要があるのです。

対象となるハードディスクをそのまま解析してしまってもいいのですが、解析を行うという事はHDDを通電し起動させる事になるため、最悪の場合のハードディスク状態によっては損傷の悪化、物理的な破損に繋がる可能性があります。

個人でデータ復旧作業される方はこのクローン工程を飛ばし、対象ハードディスクをそのまま解析してしまっていると思います。

クローン作成にも当然ハードディスクを起動させなくてはなりません。ただ、弊社独自解析機器では無理な動きをさせずに、クローン作成が出来るようプログラムを組み、システムとして構築させております。クローン作成ツールとは比べ物にならない程、格段に違うシステムでハードディスクの状態を確保します。

データ復旧させるために行っていた作業が、悪化し壊れたとなってしまっては意味がありません。

【ハードディスクの種類とインターフェース(接続方式)】

大きさは3.5インチと2.5インチが主流となっており、この形に見慣れた方も多いと思います。hddデスクトップパソコン、サーバ内蔵や据え置き型外付けHDDでは3.5インチを起用し、ノートパソコンやポータブル型ハードディスクには2.5インチが起用されています。
主なインターフェース(接続方式)はSATA(シリアルATA)がメインとなっていますが、古いものだとIDE接続のハードディスクもあります。インターフェイス

小型化の技術が進歩し5インチや8インチ等の大きなサイズは、90年代中頃までには市場からほとんど消え、小型カメラや携帯音楽プレイヤー向けに1インチ(マイクロドライブ)や0.85インチの物もありましたが、こちらもフラッシュメモリとの競合により現在では、ほぼ見かける事はありません。しかし、デジタルビデオカメラや一部ノートパソコンでは1.8インチのHDD、SSDが搭載されている物があります。

2008年1月にApple社から発売されたMacBook Airには、一般的なJEDEC準拠のコネクタではなく独自のコネクタを採用したフラッシュストレージ(SSD)が搭載されるようになりました。MacBook Air フラッシュストレージまた、MacBook Airのモデルでコネクタの形状がそれぞれ微妙に異なっており、2010年から2012年まではSATAでしたが、2013年にはさらなる高速化のためにPCIeに切り替えています。MacBook Air フラッシュストレージ

【ハードディスクの内部構造】

ハードディスクの内部構造はとてもシンプルなのですが、プラッタ(ディスク)と磁気ヘッドの間隔は約0.02μm(μmは100万分の1m)と非常に狭い状態で動いています。hdd構造データを記録するプラッタにはシリンダトラッククラスタセクタがあり、クラスタは4つのセクタで生成し、データはセクタブロックに分けて記憶させています。P01_hd_logicalこのセクタに異常がある事を不良セクタと言い、この不良セクタは製造時段階でもいくつか存在し、出荷検査の段階で使用されないようにマークされています。

使用開始後にもハードディスク内部への塵埃の混入やプラッター表面の薬剤の劣化、磁気ヘッドの劣化等により、新たに不良セクタが発生します。

不良セクタは人間で例えるところの「癌細胞」のようなもので、不良セクタが発生した状態で通電を続けると、付近のセクタを次第に浸食することがあり、リードエラー(読み取りエラー)の増加、読み取り速度の低下を引き起こし、最終的にまったく反応しない状態に陥ることがあり、こうした症状のハードディスクにはチェックディスク(スキャンディスク)、データ復旧ソフトなど、ハードディスクに負担をかける処置は悪化する危険があります。

【正しいデータ復旧方法】

障害が発生したハードディスクが現状どのような障害が発生しているのか、どの程度の障害であるのか、どう対処すれば効果的なのか、見極めるには知識と経験が必要となります。

また、如何にハードディスクへの負担を軽減させるのかも重要となり、データ復旧ソフトなどハードディスクを制御出来ないツールでは、取り出せるデータも取り出せないでしょう。

状態制御を行えるハードディスクのクローンを作成、障害に対した正しい解析方法、システム情報などの書き換え、解体などを行う際のクリーンルーム設備やドナーとなるパーツの確保、解体を行う技術と経験が復旧率を高める鍵となります。

データの重要性が高ければ高い程、障害が発生した際は一切作業されず、プロである安心安全安価データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

【データ復旧費用と実績】

安心安全安価データ復旧サービスでは、年間実績500件以上の経験と知識を活かし、他社では真似の出来ない高品質なデータ解析、安価で皆様に安心頂ける復旧費用でハードディスク・SSD・NAS(内蔵・USB接続・LAN接続・サーバー)をお受けしております。

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 30,000円 20分~

(※1)上記料金の他に、消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。

【データ復旧実績/成功事例】

過去弊社で対応しデータ復旧が可能であった成功事例実績をご紹介いたします。

メーカー/型番 症状/障害
BUFFALO/HD-LBF2.0TU2 「巡回冗長検査(CRC)エラーです」と表示され、ドライブ内にアクセスできない
FUJITSU/FMVA56GL パソコンが起動できなくなった
LaCie/LCH-RK1TU3S 接続しコンピューター上には認識されるが、フォーマットを要求されアクセスが出来ない

※ご紹介しているものは極一部であり、他メーカー、他製品シリーズもお受けし実績がございます。

安心安全安価データ復旧サービスではより確実に、安全に、そして安心して頂けるデータ復旧サービスを弊社では徹底し、提供させて頂いております。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP